★MotoGP2018 タイテスト3日目 1位ペドロサ「チームとして素晴らしい形で作業が出来ている」

最終的にタイテスト3日間で最速タイムを記録したのはペドロサ選手でしたが、本人もテストに関しては「あくまでテスト」と語っています。HRCを含めた開発への協力の仕方などについても、現時点では最高の環境だと感じているようです。なお、明日20日はインドネシアの首都ジャカルタでレプソルホンダの発表が行われます。

Sponsored Link

タイテスト3日目1位 ダニ・ペドロサ

「トラックについて学習し、多くの作業を行いました。フロントグループで走行するのは実にポジティブです。常にこれは重要なことですが、あくまでこれはテストに過ぎません。こうして何かをテストする時は、常に限界まで攻めることがあります。そうしなけば本当の意味でのテストにはなりませんから。ただ、常にメインのゴールとしては開幕戦に向けて準備が出来ているということなんです。」

「まだテストが必要なので、いくつかのエリアについてはまだ足りない部分があります。ただセパンで今年始めて走ってみて良い感触で、ここでもポジティブでした。チームも良い形で機能しています。ここでの3日間は本当に暑かったので本当に厳しいものでした。ただ良い情報を得ることが出来ましたし、これから次回のテストに向かうことが出来ます。」

「新しいエンジンで暑くない環境でのテストは始めてですから、次回のテストは実に重要なテストになります。この新しいエンジンを始めて試したのは暑い環境でしたから、どうなるか非常に興味深いですね。これからは異なる状況に向けてのセットアップが必要です。」


「HRCのエンジニア達と直接話が出来たのは本当に良かったですし、こうすればお互いの反応がよりダイレクトですよね。目を見て話すと伝わる事がやはりありますし、素早いレスポンスが得られますですから、このテストを通じてのホンダの開発の方針は本当にポジティブです。チームとして素晴らしい形で作業が出来ていると思います。トラック、そして日本でね。これは本当に嬉しいです。」

「契約更新については日ごとに考えています。今日はタイにいて、明日はジャカルタに向かいます。契約は速さを発揮していれば付いてくるものですよ。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link