★MotoGP2018 ハフィズ・シャーリン モンスターテック3ヤマハからMotoGPに参戦

2018年にジョナス・フォルガー選手がテック3から参戦しないというニュースが発表されて以来、誰がヨハン・ザルコ選手のチームメイトになるのかという事が長らく話題にされてきました。ズルファミ・カイルディン選手がシャーリン選手の後釜として走る事が決定した以降は、実質的にシャーリン選手がテック3内定と言われてきましたが、タイテストでの好調な結果もあってシャーリン選手が正式に2018年にテック3からMotoGPに参戦することとなります。マレーシア人ライダーとして初の快挙となり、今年のセパンは大騒ぎになりそうです。

Sponsored Link

ハフィズ・シャーリン

「2018年にモンスターテック3ヤマハのマシンに乗れるという素晴らしいニュースを聞くことが出来て本当に嬉しいです。ブリーラムの興味深い3日間では多くを学ぶ事が出来ました。クルーに感謝を述べたいと思います。特にニコ、そしてマキシムに感謝を述べたいと思います。ただ、同時にヨハン、そしてローレントも素晴らしいアドバイスをくれました。短い時間でMotoGPバイクの操縦について多くを学ぶ事が出来ました。未だに素晴らしい経験だと感じています。」

「ベストを尽くしたいと思いますし、今年全てを出し切りたいと思います。エルヴェ、そしてヤマハ発動機、モンスター、テック3チーム全体に、自分を信じてくれたこと、シーズンを通じてMotoGPバイクに乗るという素晴らしい機会を与えてくれことを感謝したいと思います。ラズラン(セパンサーキットのCEO)にもそうです。また、家族にも感謝です。彼らは常に自分の夢が叶うようにと応援してくれました。特に父は素晴らしい応援をしてくれたんです。カタールで再びテストに参加することを楽しみにしています。さらにモチベーションを感じていますね。正直シーズン開幕が待ち遠しいですよ。本当に感激しているんです。」

セパン・サーキットCEO ラズラン・ラザーリ

「最近ブリーラムで行ったテスト自体、ハフィズにとっては素晴らしく意味あるものでした。ハフィズがモンスターテック3ヤマハから年間を通して参戦するというニュースは、マレーシアが26年間MotoGP(※世界GPから数えて)を開催してきた歴史の中で、マレーシア人ライダーにとって最大のニュースであり、最大の功績です。これは同時にアジア地域においても素晴らしいニュースとなりました。この機会を与えてくれたことに関してエルヴェ・ポンシャラルに感謝する必要があります。彼がハフィズに置いてくれた信頼と自信に感謝です。これからハフィズをエルヴェの手に任せ、MotoGPライダーとして素晴らしく、競争力があり、完成されたライダーとなるよう育てていってもらう形になります。」

エルヴェ・ポンシャラル

「ハフィズ・シャーリンがヨハン・ザルコのチームメイトとして、モンスターヤマハテック3に加入する事を嬉しく思います。ジョナス・フォルガーが彼の病気の治療の為に今シーズン参戦しないというニュースを聞いて以来、厳しい時間が続いていました。本当にこの選手だと思える選手を見つけるのは本当に大変だったんです。セパンで私はラズラン・ラザーリに会いました。その時は軽く談笑しただけだったのが、まったくもってぶっ飛んだアイディアが出てきて時にはそれが最高の結論になることがあるんです。」

「ラズラン・ラザーリの情熱に感謝したいと思います。彼の周りに伝播するようなエネルギー、MotoGP、そしてこのスポーツへの関わり、そしてハフィズ・シャーリンが最高峰クラスに参戦する最後のステップを登れるようサポートしてくれた事に感謝しています。」

「ハフィズが素晴らしいMotoGPライダーになるということを周囲の人々に皆説得する必要がありました。そのため、彼には3日間の中で厳しいタスクを与える必要がありました。最終的には彼は素晴らしい仕事をしてくれましたね。彼はミッションを成功させました。ヤマハは彼のパフォーマンスに本当に喜んでいましたし、テック3チーム全体が大喜びしていたんです。」

「彼にチャンスを与えられることを本当に光栄に思っていますし、これは歴史に残るでしょう。これはマレーシア人ライダーがMotoGPに初参戦するという事ですし、我々もこのスポーツが世界でどこもで人気があるかということを理解していますから。ハフィズには、”ファミリーへようこそ!君のことは息子のように扱うし、素晴らしいシーズンを過ごせると思う。チーム、そしてヨハンから多くを学べるだろう。君の情熱、チームへ参加してくれた事に対してありがとう。カタールで我々のバイクに君が乗るのが待ち遠しいよ”と伝えたいですね。」


(Photo courtesy of Tech3)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アメリカGP予選2位 ビニャーレス「さらにプッシュしていく」
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今週も間違いなく優勝争いが出来る」
★MotoGP2017フランスGP ザルコ「M1は表彰台を獲得出来るポテンシャルがある」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「ムジェロはヤマハに合っている」
★モビスターヤマハ「ロッシは明日からの練習走行に参加出来る」
★MotoGP2017イタリアGP 7位ザルコ「イアンノーネを抜くのに手こずった」
★MotoGP2017カタルーニャGP 10位ビニャーレス「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「シーズン前半と同じ感触を感じている」
★MotoGP2017ロッシ 「現実的にはもてぎでレースに復帰する形だが、アラゴン出場を目指している」
★ヤマハ 2017年度グッドデザイン賞に6点が選出 スポーツコミューター「TMAX530」グッドデザイン・ベスト100受賞
★MotoGP2017日本GP 野左根「レースには出場したいと思っている」
★ヤマハ “BLUE CORE”エンジン搭載などさらに進化した フロント二輪オートマチックコミューター 「TRICITY125/ABS」 2018年モデルを発売
★MotoGP2018 パオロ・チャバッティ「ドヴィツィオーゾはトップ待遇を期待しているが、予算は無限ではない」
★MotoGP2018 アレックス・ロウズ「2018年はスーパーバイクに集中している。MotoGPの事は頭にない」
★MotoGP2018 3クラスの全選手を対象に健康診断を実施
★MotoGP2018 ハフィズ・シャーリーン「初めてこの話を聞いた時は本当に驚いた」
★MotoGP2018カタールGP 写真ギャラリー
★MotoGP2018アルゼンチンGP レディング「データを分析してバイクの挙動に目を向けることが重要」
★MotoGP2018アルゼンチンGP イアンノーネ「いかなるコンディションでも良い走行が出来る」
★MotoGP2018アメリカGP 予選6位ロレンソ「良いペースを維持するのは難しい」