★MotoGP2018 クラッチロー「今年のエンジンは本当に強力。タイテストの内容には満足している」

クラッチロー選手は今回タイテストで使用したオーストリア戦ベースのタイヤがレースタイヤになると考えているようです。いくつかのエリアで改善は必要としながらも、エンジンに関しては強力なものに仕上がったと満足そうです。

Sponsored Link

「今年は自分にとっても最高の1年になりそうな気はします。どこまでレースが接近しているかにもよりますが、MotoGPで良いシーズンを過ごせる時というのは、優勝した翌週に10位になるようなシーズンではなくて、コンスタントな走行が出来る時なんです。現時点ではそんな気がしますが、初日は1位、次の日は10位、今はそんな感じですよ。奇妙なチャンピオンシップになりそうですね。今シーズントップで戦う選手の名前はほとんど変わらないと思いますが、タカは別です。」

「タカはどのタイヤでも速かったんです。ここで使うだろうというタイヤでのみ、彼はスピードがなかったんですが、彼には経験がありません。ただ、だからといってレースで彼は遅いかというとそんなことはないでしょう。それまでには彼は学習していると思いますから。ライダーにとっては、今年はより接近した戦いになるわけで災難ですよね。今でもそんな感じですから。もちろんバトルは好きですけどね。」

「今日はミシュランのタイヤを3本テストしました。2本のリアはオーストリアで使ったものがベースです。どちらもイマイチでしたが、恐らくこれがレースタイヤになりそうな感じです。3回このタイヤで走行したんですが、フロントタイヤが無くてロングランは出来ませんでした。自分達のバイクで使いものになるフロントタイヤがあまり無かったんです。これはずっと問題になっています。リアのテストタイヤがあっても、それに合わせて履けるフロントがないんですから、作業のしようがありませんよ。」


「バイクは良く機能しましたし、チームも今日は本当に良く動いてくれました。昨日はあまり良い日ではなかったんです。チームとして少しだけミスがあり、自分もトラック上でミスがありました。転倒はしませんでしたが、良い走行が出来ませんでした。今日はいい良かったですけどね。」

「まだいくつかのエリアで改善が必要です。自分達のバイクは基本的にファクトリーともほぼ同じです。ただ、現時点ではいくつか異なる点もあります。(※カーボンスイングアームはファクトリーだけがテスト。マルケス選手は昨年バレンシアでもテストで使用していた)何が違うかはお話出来ませんし、アップデートを受けることになるかどうかもわかりません。少なくとも、今の内容には満足しています。バイクはしっかり機能していますが、いくつかのエリアでもう少し良く機能すると思っているんです。」

「ただ、エンジンは非常に強力です。これはポジティブですね。これは今年のバイクで本当に違うところです。こういう形で作業を続けて、ホンダに情報を提供していきます。タイテストの内容には満足しています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link