★MotoGP2018 中上「リアブレーキの使い方がカギ」

チームメイトのクラッチロー選手、レプソルホンダのマルケス選手からも既に高い評価を得ている中上選手。特にリアブレーキの使い方が速く走るためには重要だと感じているとのこと。

Sponsored Link

中上 貴晶

「この3日間には本当に満足です。特に最終日ですね。本当にコンスタントな走行が出来ましたし、ベストタイムについて本当に嬉しく思います。セパンと同様にセットアップを向上させようと思っていました。」

「まだMotoGPバイクの理解を進める必要がありますし、コーナーの終わりでどうやってバイクを起こすのかなどを理解する必要があります。カル、マルク、ダニと比較するとコーナーの立ち上がりで失っているんです。カタールではさらに加速を得るために集中が必要です。」

「ただ、全体的なフィーリングはいいですよ。特に高速コーナーですね。カルや他の選手達よりも速かったですし、これはポジティブなポイントです。ただ、ネガティブな部分を改善していく必要があります。ウイリーを減らす為にエレクトロニクスの調整を行っていて、リアブレーキをもっと使用するようにしています。まだ100%理解は出来ていないんです。未だに多くの事をテストしていて、色々なデータをテレメトリーのエンジニアに見せてもらうよう依頼しています。」

「フルスロットルを当てた時とリアブレーキを併用した時の違いを感じる事が出来ない事があります。時にはスピードを維持するためにはスロットルを閉じたほうが良い時もあります。ただ、セパンよりは理解が深まってきました。こういう形で作業を続けていきますよ。」

「良かったこととしてはミシュランタイヤの使い方の理解が進んだことです。まだ1°、2°リーンアングルが足りない部分があります。ミシュランのテクニシャンからどうやってタイヤを使うか聞いています。現時点ではミディアムとソフトを使用していてフィードバックは良いんですが、あと少しグリップが足りません。マルクとダニはもう少しグリップを引き出しているようなんですが、彼らがどうやっているのかわからないんです。まだまだ学ぶ内容は多いですよ。」

「順位は12位か13位くらいだと思っていたので、トップ10に入れたのは良かったですし、チームが自分よりも喜んでくれていて、こういうのを見るのは嬉しいですね。土曜は初めてマルクの後ろを走りました。この時、彼はこの日のファステストだったんです。自分もベストタイムを記録しました。彼は自分よりも1秒先を走っている状態でした。セクター1、セクター2の序盤をよく見る事が出来て、いかにバイクを起こすのかを見ることが出来ました。そして彼の強力なポイントであるブレーキングも見ることが出来ました。」

「こうやって間近で見れたことは素晴らしい経験でした。TVで見るのは簡単そうですけど、彼の後ろで見ると難しいですね。フロントブレーキの使い方の理解は簡単ですが、リアブレーキをかなり使っているんです。これが秘訣でしょう。彼の間近で見る事が出来たのは本当に興味深い経験でした。今日はこういった走り方を考えていて、この部分で大きく改善出来ると感じているんです。」

「フィジカルは手術の後もあってもっと良くして行く必要があります。ヘレスよりも腕上がりの問題は良くなりました。これが大きな問題だったんです。テストの後に手術をして、今は良い感触です。まだ100%ではなく、90%の仕上がりですけどね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link