★ヤマハ発動機 高性能サスペンションなどを採用した上級仕様「MT-09 SP」を設定 ロードスポーツ「MT-09」シリーズ 2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、ネイキッドとスーパーモタードの“異種混合”スタイルに水冷直列3気筒845cm3エンジンを搭載し、優れた走行性能で人気の「MT-09 ABS」の上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し、3月20日より発売します。また、スタンダードモデル「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し、同日より発売します。

Sponsored Link

「MT-09 SP ABS」は、スタンダードモデルをベースに高い次元の走りと、クラスを超えた質感を実現しました。主な特徴は、1)スーパースポーツモデル並みの減衰力を発生するスペシャル仕様のKYB製フロントサスペンションの装備、2)フロントとリアのバランスを取りながら、バネレート/減衰力を最適化したOHLINS製フルアジャスタブルリアサスペンションの装備、3)質感を感じるダブルステッチ入りシートの採用、4)引き締まった印象を与えるブラックバックのデジタルメーターの採用、5)塗り分け塗装などにより、上位モデル「MT-10 SP ABS」とリレーションすることで上級仕様としての存在感を強調したカラーリングの採用 などです。

「MT-09 ABS」は、ニューカラー2色を含む3色設定で、それぞれのカラーリングコンセプトをより強調したカラー&グラフィックとしました。「ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」は、ブラックエリアを拡大することにより、シリアスな印象を強調しました。「マットグレーメタリック3(マットグレー)」は、グラフィックのイエローのアクセントカラーを拡大することにより、軽快な印象を強調しました。「マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)」は継続販売します。

名称 カラー 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「MT-09 ABS」 ・ディープパープリッシュブルーメタリックC
(ニューカラー/ブルー)
・マットグレーメタリック3
(ニューカラー/マットグレー)
・マットダークグレーメタリック6
(マットダークグレー)
2018年
3月20日
1,004,400円
(本体価格930,000円/消費税74,400円)
1,200台
(シリーズ合計/
年間、国内)
「MT-09 SP ABS」 ・ブラックメタリックX(ブラック) 1,112,400円
(本体価格1,030,000円/消費税82,400円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

「MT-09 SP ABS」「MT-09 ABS」主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BL-RN52J/N711E
全長×全幅×全高 2,075mm×815mm×1,120mm
シート高 820mm
軸間距離 1,440mm
最低地上高 135mm
車両重量 193kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
60km/h定地燃費値*2
29.4km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 19.7km/L
原動機種類 水冷, 4ストローク, DOHC, 4バルブ
気筒数配列 直列, 3気筒
総排気量 845cm3
内径×行程 78.0×59.0mm
圧縮比 11.5:1
最高出力 85kW(116PS)/10,000r/min
最大トルク 87N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 3.40L
燃料タンク容量 14L(無鉛プレミアムガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,8.6Ah(10HR)/YTZ10S
1次減速比/2次減速比 1.680 (79/47)/2.812 (45/16)
クラッチ形式 湿式, 多板
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速 2.666/2速 2.000/3速 1.619/4速 1.380/5速 1.190/6速 1.037
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 25°00′/103mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70 ZR17 M/C (58W)/180/55 ZR17 M/C (73W)
(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式ダブルディスクブレーキ/
油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

「MT-09 SP ABS」フィーチャーマップ

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link