★MotoGP2018 クラッチロー「バイクのウイングもトラックサイドのライダーコーチも無駄」

他のライダー達とは常に異なる姿勢を貫くのが魅力のクラッチロー選手ですが、今や各メーカーが必死に開発しているエアロダイナミクスフェアリング、トップライダー達が抱えているライダーコーチの両方を「無駄」と一刀両断しています。

Sponsored Link

「ホンダはいい仕事をしたと思います。初日は最速でしたし、ダニ、マルクもまた最速タイムを記録しました。ウイングの無いバイクならば、膨大な予算を節約した状態で速く走る事が出来ると思います。速く走るにはウイングは特にいらないことが明らかになりましたよね。マレーシアでは試してみましたけど、自分達が記録した最速タイムは皆ウイングなしでした。それにここタイでも最速タイムはウイングなしでした。あんなもんは金の無駄でしょう(笑)

ライダーコーチにしたって、自分はバイクの乗り方は知ってますからね。マルクのデータも手元にあります。世界最速の男のデータがあるんです。そして自分は彼と同じバイクに乗っています。何か学んだり違う事をしようとする場合は彼のデータを見ればいいんです。他の選手がやってることはわかっていて、単純に自分には出来ないって話です。ただ、時にはマルクも自分が出来る事が出来なかったりもするんです。」

「マルクもエミリオ・アルサモラがいますが、なにもロケット科学じゃないですからね。何を知りたいって言うんです?”この選手は君よりもコーナーで速いな”ということを知らされても、”それで?”っていう話ですよ。TVで他の選手の走りを見ると、異なるラインがわかります。トラックのブラックラインも良く見えますしね。ライダーコーチをけして持つ事は無いってことではありません。ただ、自分は彼らがいることで速く走れるとは思わないってことです。あくまで自分の意見ですけどね。」

中には褒めてもらわないと駄目なやつもいるんですよ。ただ、彼らのコーチもまた褒めてもらいたがってるんですからね!だから彼らはここにいるんです。コーチがいることでプラスになるとは思いませんね。マルクがもしコーチなしだったとしてもタイトルを獲得してますよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link