★MotoGP2018 カタールテスト2日目 3位マルケス「新しいパーツは全て機能している」

ホンダにとってカタールは相性の良いトラックではありませんが、マルケス選手は今年はトップに接近出来ていると語ります。とは言え、ペースに関してはドヴィツィオーゾ選手との差はまだ大きいとのこと。

Sponsored Link

カタールテスト2日目3位 マルク・マルケス

 
「今日は昨日からの引き続きという形で作業を開始しました。それ以降色々な内容をテストしたんですが、その中で方向性を少し見失ってしまいました。ただ、これもまた物事を理解する上では良いプロセスなんです。」

「気温が下がっている中でハードタイヤを履いていて、ターン2でフロントを失いました。これはこのトラックでは典型的な転倒です。結果的には転倒のせいで計画に無かった2台目のバイクを使用することになり、それで更に速いタイムが出たので、転倒はポジティブだったと言えるでしょう。」


「明日の目標はセットアップの確認とペースを向上することです。3番手タイムではありますが、ペースに苦戦している状態です。さらにコンスタントに走行する必要があります。ドヴィツィオーゾとスズキが非常に速いですね。特にイアンノーネは非常に速いタイムで走行しています。カタールはホンダには厳しいトラックだと常々話していましたが、今回はトップに接近出来ています。ドヴィツィオーゾとの比較ではペースでかなりの差があります。ペースに関しては彼から0.6秒、0.7秒遅れています。」

「今年は全てが明確になっています。ホンダは本当に迅速に対応してくれていて、これには本当に感謝しています。ここに持ち込まれた新しいパーツは全てが良い形で機能しています。加速、トップスピードを向上させ、ウイリーを減少させようとしています。トップスピードに関してはうまくいっています。ただ、その他のエリアに関してはまだまだやることがあります。ですから新しいフェアリングをテストしているんです。今のところ良い形ですが、どれがどのトラックで使えるかについてはまだわかりません。」

(Photo courtesy of HRC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link