★250ccクラスで活躍したラルフ・ウォルドマン 51歳の若さで亡くなる

250ccクラスでマックス・ビアッジとタイトル争いをしたドイツ人のラルフ・ウォルドマンが3月11日に亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

Sponsored Link

1994年から2000年にかけて250ccクラスで活躍したラルフ・ウォルドマンが3月11日に51歳で亡くなった。ドイツ人のウォルドマンは125ccで6勝、250cc時代には14勝をあげ、その後はユーロスポーツでMotoGPのコメンテーターとして活躍していた。彼の死因は明らかになっていない。彼は1996年と1997年に250ccクラスでタイトル争いを展開。マックス・ビアッジに96年に6ポイント、97年に2ポイントでタイトルを明け渡している。

1998年には500ccクラスでマルボロ・チームロバーツから参戦。しかしモデナスのマシンで7位を獲得したのを最後に250ccに復帰。2シーズンを戦った。彼の最後の勝利は2000年のイギリスGPの劇的な勝利だった。変わりゆく天候が彼を助け、21位から最終コーナーで優勝を獲得している。

その後ウォルドマンはハリスWCM MotoGPチームと契約し復帰を試みたが、2003年シーズンスタート前にプロジェクトは終了している。6年の空白の後、ウォルドマンは43歳にしてキーファー・レーシングの代役ライダーとして2009年のイギリスGPの250ccクラスに出走している。

ウォルドマンの死は1960年の125ccクラスの世界チャンピオンであるルイジ・タベリが亡くなってから10日後、ステファン・キーファーが亡くなってから6ヶ月後のことであった。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link