★MotoGP2017ヤマハ マッシモ・メレガリ インタビュー

カタールGPの前のカタールテストで、ヤマハのマッシモ・メレガリが、好調なビニャーレス選手と苦戦するロッシ選手について語っているインタビューをお届けします。こうしたコメントを読むと、相変わらず絶好調のビニャーレス選手がFP1で1位を獲得したのも頷けます。

Sponsored Link

カタールの最終テストが始まる前にモビスターヤマハのチームボスであるマッシモ・メレガリとインタビューを行った。テスト2日目に彼はヴァレンティーノ・ロッシが大きく前進したのを見ただけでなく、ヤマハのライダーが1位2位を獲得するのを見届けた。ロッシは最終日にはまた調子を崩し、現状について「極めて心配している」と語った。ロッシの心配はチームメイトのビニャーレスが見せた圧倒的なペースによるところもあるのかもしれない。最終日のテストの前に、メレガリはロッシの体調、ビニャーレスのスピード、ヤマハのシャーシのジレンマ、マルク・マルケスのフィリップアイランドでのマインドゲームなどに付いて語った。

 

Q

「ヴァレンティーノは2日目に大きな前進を見せたようですが、これはどういった内容によるものですか?」

マッシモ・メレガリ

「基本的にフィリップアイランドの後に日本で内容を深く確認し、彼のコメント、データを確認しようとしたんです。そこで彼らは重量配分という解決策を見つけたんです。ヴァレのポジションを少し動かすことによって上手くいきました。彼が転倒したことがラッキーだったとは言いませんが、彼が転倒してそのバイクを壊してしまったので、セカンドバイクに乗ることになったんです。そして徐々に彼はフィーリングを取り戻したんです。タイヤは既に20周走っていたにも関わらず、ラップタイムは向上していきました。そこで彼は停まって”良い感じだ!”と言ったんです。これは我々が到達しているべき点と言えるほどではありませんが、近いところまで来ています。これでようやく細かい詳細部分に関して作業が出来るようになりました。これは昨夜まで不可能だったんです。」

 

Q

「フィリップアイランドテストの終わりに、ヴァレンティーノは疲れているようでした。これは彼が東南アジアで行った様々なメディア対応による疲れによるものもあったんでしょうか?」

マッシモ・メレガリ

「いいえ。これに関しては以前を同じ質問にジョークを言ったんですが、その時は”多分それは彼の年のせいでしょう”とジョークを言ったんです。そしてそれがニュースになってしまってね。彼のチームはオーストラリアでいろいろな事を試したんですが、少し方向性を見失ってもいたんです。彼は疲れてもいたでしょうが、満足ではなかったでしょう。そこで我々はレースシミュレーションもタイムアタックもしないことにしました。彼は疲れていましたし、試していても大きな変化は無かったでしょう。」

「正直、ここの初日はフィリップアイランドで終えた時点よりも上手くいきました。昨日はより良い形でしたし、今日は彼は3ラップしかしていません。今日は彼はラップタイムを向上させる必要があるでしょう。今のところペースは良くないですからね。ただ彼は54秒7、54秒9で走行していますから、あまり心配していませんよ。これは本当に良いラップタイムですから。」

「残念ながらファインチューンを行うには、あと1日しかありません。彼はまだレースシミュレーションを行っていませんが、これは彼がそういった状況では無かったからです。今日の走行はベースとなります。ここでは燃費が非常に重要になります。タイヤライフに関しても改善しました。特にこの新型バイクに関してね。これはデータ上でもわかります。」

 

Q

「2017年のシャーシについてはもう決定したんですか?」

マッシモ・メレガリ

「選手たちが昨晩どっちのシャーシを使用するか聞いてきた時に、彼らが同じシャーシを選んだので嬉しかったんですよ。日本のエンジニア達にとっても作業がしやすいでしょう。」

 

Q

「ということは、2つのシャーシのうち新しいほうだということですね。」

マッシモ・メレガリ

「ええ。基本的には新しいほうが正しい方向だと話していたんです。そこでヤマハのエンジニア達がアップデートを加えて、それでどちらにするのか聞いたんですよ。ただ、今のところ非常に満足しています。マーヴェリックは今のところとんでもなく速くて、コンスタントでミス無く、非常に集中しています。彼が22という事を考えると、こうした結果は普通期待出来ません。彼は非常に落ち着いています。彼は自分のコメントに確信がありますし、彼は本当に素晴らしい選手です。」

 

Q

「選手たちを2日目に驚かせたのは、トラックコンディションがかなり改善したということです。ただマーヴェリックはずっと初日のように速いですね。彼は全てのトラックでいかなるコンディションでも速いように思えます。」

マッシモ・メレガリ

「ええ。我々のバイクはさらにグリップがあってさらに良いですから。昨日は路面にさらにゴムが乗りました。これが助けになりました。こうした状況であればそこまで苦しまずに済むでしょう。確かにペースを維持しているのは彼だけです。ライダー達が転倒し初めると、全てのライダーのペースが落ちました。ただ、彼はペースを維持できたんです。」

 

Q

「ヤマハの新しいフェアリングに関しては、ここ最近見ませんが、現在の状況はいかがですか?」

マッシモ・メレガリ

「今のところ使用していません。ただ今日は使用すると思います。初日からスケジュールに入っていたんですが、常に何かに邪魔されてしまってね。今日はレースシミュレーションの前に使用するでしょう。」

 

Q

「今年はノーマルカウルが多く使用されると思いますか?」

マッシモ・メレガリ

「これは場合によりますね。セパンでは新しいフェアリングを使用してすぐに良いフィーリングが得られました。フィリップアイランドでは状況が異なり、比較を始めたんです。ですから比較を行うために1種類だけを使用することにしました。ここではフィリップアイランドで終えた状況から始めましたが、今日は間違いなく新型カウルを使用します。これはこの2週間で認証を受けようとしているものです。」

 

Q

「フィリップアイランドの最終日には、マルケスは数周に渡ってマーヴェリックの後ろを走っていました。彼がマインドゲーム仕組んでいるようにも思えましたが、今年はマーヴェリックのライバルからこうした行動が増えると思いますか?」

マッシモ・メレガリ

「正直に言うと、こうしたこと再び見ることがない方が好ましいですね。これはマルケスが今まで他の選手からやられてきたことですが、対処していきますよ。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 マルケス「昨年のプレーシーズンよりは少し良い状態」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 3位クラッチロー「カタールの後にこうした結果で嬉しい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「今回は珍しく転倒せずに完走できた」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ホームGPのファンの前でDucatiを乗るのが待ちきれない」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「Ducatiの戦闘力を上げるためにはどんな事もする覚悟がある」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロレンソ「どんどんフィーリングが良くなっている。」
★MotoGP2017Ducati ジジ・ダッリーニャ「今、最も良くないのは混乱してしまうこと」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「雨の中でのパフォーマンスが向上している」
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選4位マルケス「表彰台争いが楽しみ」
★MotoGP2017オランダGP FP3結果
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「新品タイヤでのフロントのフィーリングが課題」
★Honda Racing parts collection 第4弾 MotoGP™マシンのパーツを限定販売!!
★MotoGP2017 カル・クラッチロー「全てのコーナリングでマルクは他のホンダライダーよりも優れている」
★MotoGP2017チェコGP バウティスタ「ブルノは難易度が高いサーキット。Ducatiには合っていると思う」
★MotoGP2017チェコGP チーム代表プレスカンファレンス(チーム代表が語るMotoGP2017)
★MotoGP2017日本GP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選2位ビニャーレス「プレシーズンテストから使えるものはない」
★MotoGP2017マレーシアGP FP1-FP3総合結果