★MotoGP2018カタールGP 2位マルケス「立ち上がりでドヴィに抜かれるのはわかっていた。」

まるで昨年のオーストリア、日本GPを思い出させる最終ラップでのマルケス選手、ドヴィツィオーゾ選手の一騎打ちで、マルケス選手はまたも最終コーナーでインを攻め、立ち上がりで抜かれるという形で2位でゴール。今年も勝てないレースでは表彰台を獲得するというレースが出来そうです。

Sponsored Link

サイモン・クラファー

「マルク、レースにおいて確実なことはありませんが、あなたが決勝レースの中で全力を尽くすのは確かですね。」

マルク・マルケス

「ええ。確かに全力投球です。100%の力で攻めました。ここは自分にとっては難しいトラックになるということはわかっていました。ドヴィがプッシュしていた時は、自分も限界を超えて攻めていました。フロントが切れ込んでリアが流れましたが攻め続けました。そういう中で最終コーナーに彼に追いつくことが出来たんです。ただ、こういう状況でもドヴィツィオーゾが自分をフィニッシュラインの前までにはスリップストリームを使って抜けるだろうというのはわかっていました。ただ、どうなるかわかりませんからやってみたんです。そのうちこのやり方で彼を負かしますよ(笑)ただ今回はやられてしまいました。今回はメインターゲットが表彰台獲得でした。2位でも失ったのは5ポイントですから、本当に嬉しいです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 クラッチロー「フロントエンドに問題あり」
★MotoGP2017 データから見るカタールGP
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント MarcVDSホンダ
★ニッキー・ヘイデン選手回復祈願 スペシャルギャラリー
★MotoGP2017オランダGP ペドロサ「金曜の朝からプッシュする準備は出来ている」
★さいたま市・本田技研工業・ヤマハ発動機による原付一種クラス電動二輪車(EVバイク)の実証実験開始について
★MotoGP2017 マルク・マルケス「ホルヘは今期優勝出来る」
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「2人共無事だったことが重要」
★MotoGP2018 ヤマハの復活、成功が絶対条件のロレンソなど、来シーズンの行方は?
★MotoGP2018 Pramacレーシング タイトルスポンサーにAlmaを獲得
★MotoGP2018 エルヴェ・ポンシャラル「既に契約があるライダーを起用することはしない」
★MotoGP2018 KTMピット・ベイラー「KTMは何度もリスクを冒して前進してきた。」
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ロッシ「第一印象はいいが、エレクトロニクスの作業が必要。」
★MotoGP2018 クラッチロー「今年のエンジンは本当に強力。タイテストの内容には満足している」
★MotoGP2018 ダニー・アルドリッジ 2018年のフェアリングデザインについて語る
★MotoGP2018 ジャック・ミラー 2018年シーズンのスタジオ写真
★MotoGP2018カタールGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2018カタールGP 9位イアンノーネ「フロントに自信を感じることが出来なくなった」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選11位ロッシ「ドライならばよいペースで走行出来る」
★MotoGP2018アメリカGP 予選1位マルケス「オースティンは自分にとって最高のトラック」