★MotoGP2018カタールGP ドヴィツィオーゾ「冬の間の改善内容を確認出来た」

レース前からマルケス選手がドヴィツィオーゾ選手こそが優勝候補と語っていましたが、まさにその通りの結果となり、ドヴィツィオーゾ選手がスタートを失敗しながらも追い上げて、ずっと2位で終わっていたカタールで遂に優勝しました。

Sponsored Link

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「この優勝は本当に嬉しいです。冬の間に成し遂げた改善内容を確認出来ましたし、スタートに失敗したにも関わらずレースも上手くコントロール出来ました。1周目はリンスにぶつかりそうになってスロットルを緩める必要がありました。ただ、そこから追い上げることが出来てタイヤを消費しないように走行しました。ザルコを抜いた終盤、マルケスとロッシに対してギャップを作ろうとしたんですが、タイヤのグリップが残っておらずリードを広げることが出来ませんでした。最終コーナーではマルケスが仕掛けてくるのがわかっていたので、慎重に走る必要がありました。彼はオーストリア、日本以上に、自分を抜いた後にスペースを閉じて走っていたんですが、縁石の内側で彼を抜き、デスモセディチのパワーで前に出ました。最高に満足のレースです。」

(Photo courtesy of michelin)

<Ducati プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「怪我を嘆いても仕方ない」
★MotoGP2017アメリカGP バウティスタ「今のレベルを維持したい」
★MotoGP2017フランスGP 4位ドヴィツィオーゾ「4位は悪くないが満足は出来ない」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「新型フェアリングを使用すると0.5秒は速く走れる」
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「表彰台、優勝を狙えないという事はない」
★MotoGP2017 Ducatiジジ・ダッリーニャ「マルケスのように限界で走るライダーと戦うのは難しい」
★MotoGP2017 Ducati ダヴィデ・タルドッツィ「ホルヘがチーム、そしてDucatiのことを考えたのは明らか」
★ドゥカティ・パニガーレV4が、EICMA 2017来場者による人気投票で「世界で最も美しいバイク」アワードを受賞
★MotoGP2018ヘレステスト イアンノーネ「テストから最大の結果を得たい」
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている
★MotoGP2018 テック3 ガイ・クーロン「ザルコはトップMotoGPライダーになれる」
★MotoGP2018 ホンダ セパンテストにおいて新型フェアリングを投入
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ペドロサ「新型エンジン、フェアリングなど色々なテストが出来た」
★MotoGP2018 タイテスト初日 8位ロッシ「ホンダとDucatiはヤマハが理解していない内容を理解している」
★MotoGP2018 アレイシ・エスパルガロ「1速から3速の加速が弱い。エンジンのトルクアップが必要」
★MotoGP2018 ビアッジ「ロッシだって41歳でタイトルを獲得出来る可能性がある」
★MotoGP2018カタールGP ロレンソ「”あるパーツ”がバイクから外れていた」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 中上「完走、さらに良い結果を求めていく」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2018アメリカGP 11位ロレンソ「今は本当に苦しい、全てを分析する必要がある」