★MotoGP2017カタールGP マルケス「テストの時よりも良いフィーリング」

苦戦していたプレシーズンテストの結果とは正反対に2位タイムを獲得したマルケス選手。とは言え、トップタイムを記録してビニャーレスは約0.6秒も前ですから、まだまだ改善作業は必要だと言えます。

Sponsored Link


マルケスのプレシーズンの悪夢は終わりを告げた。2週間前マルケスは最後のプレシーズンテストで11位タイムだった。

マルク・マルケス

「この前テストを終えた際よりも良い形でスタート出来ました。テストよりもバイクのフィーリングが良いですし、バイクに変更を加えて快適になりました。風があってもグリップが増しました。マーヴェリックは非常に速いですが、自分達も良い状況ですから嬉しいです。最も重要なのは毎日改善していくということです。ブレーキングを犠牲にしてコーナースピードを稼ごうとしていますが、コーナー立ち上がりが依然として問題です。加速でタイムを失っているんですが、エレクトロニクスが完璧ではなくて、いつもよりも問題が出てしまうんです。ブレーキングを犠牲にするように走り方を変えるのは嫌なんですが、マレーシアとフィリップアイランドではその必要がないんで、ここだけなら大丈夫でしょう。」


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 ペドロサ「今年はあらゆる面で最高の自分を見つけていきたい」
★MotoGP2017 アプリリア「Ducatiのカウルは我々のルール解釈からはかけ離れている」
★MotoGP2017 Ducati ハンマーヘッドの実戦投入はまだ先
★MotoGP2017 KTMヘレスGPまでは大きなアップデートはなし
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「満足しているし、自信もある」
★MotoGP2017アメリカGP ロレンソ「この困難な時期はすぐに終わる」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「100%の力を出せれば優勝争い出来る」
★MotoGP2017ミシュラン 5月1日、2日にル・マンでタイヤテストを実施
★MotoGP2017 ロレンソ「Ducatiはヤマハのようにシャーシ開発に力を入れるべき」
★MotoGP2017 マックス・ビアッジ「ロッシの最大の敵は時間」
★2017年フランスMotoGPに採用されたブレンボ製ブレーキングシステムのメリットを解説します
★MotoGP2017ロッシ 病院を退院し自宅で静養
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「常に優勝するというメンタルで臨むことが必要」
★MotoGP2017カタルーニャGP 2位マルケス「難しい状況の時はポジティブな事を見つけ、楽しむ事が大事」
★MotoGP2017ドイツGP 金曜のMotoGPクラスの走行はそれぞれ10分間延長
★ホンダ インドの二輪車第三工場、生産能力拡大記念式典を開催
★MotoGP2017ミシュランタイヤ チェコGPプレビュー
★MotoGP2017チェコGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017アラゴンGP優勝 マルケス「いくつも危ない瞬間があった」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「もてぎでは素晴らしい結果を獲得出来る可能性がある」