★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ミシュランのフロントタイヤに苦戦」

近年まれに見るほど苦戦しているロッシ選手。ソフトタイヤでフィーリングは改善したと言いますが、フロントタイヤは柔らかすぎると感じているとのこと。例年どおりセッションが進むごとにどんどん速くなっていくことを期待したいですね。

Sponsored Link

ロッシはカタールGPを9位でスタートした。これはチームメイトのビニャーレスから1.483秒遅れとなる。ウインターテストと同様に、ロッシはバイクの重量配分を変えてより良いフロントエンドのフィーリングを探している。

ヴァレンティーノ・ロッシ

「パフォーマンスは良いとは言えません。あまり良い感触もないんです。ただセッションの終わりに何かしら助けになってくれるものが見つかりました。ソフトタイヤでグリップが向上し、そのお陰で少しプッシュ出来るようになったんです。ただミディアムタイヤでのパフォーマンスに心配しています。これがレースでの選択になると思いますが、セッティング変更が何かしら助けとなるかもしれません。明日わかりますが、同時に良いコンデイションも願っています。」

「個人的にバイクよりも苦戦しているのはミシュランのフロントタイヤです。ケーシングが柔らかすぎて、そしてゴム自体も柔らかいと感じます。これでフィーリングを感じられないんですよ。コーナーエントリーでバイクが動いてしまって、スピード自体も速くありません。これはタイヤを初めて試した時から言っているんですが、他のライダー達はこれが好きなようです。明日また試しますよ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目結果
★MotoGP2017 マルケス「ロレンソがタイトル争いに絡んでくるかはわからない。」
★マイク・ウェッブはどのようにしてMotoGPのレースディレクターになったのか?
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのサーキットで速く走る事が出来ると証明出来た。」
★MotoGP2017カタールGP4位 マルケス「ミディアムタイヤに変更したのは失敗」
★MotoGP2017カタールGP9位 アレックス・リンス「多くの事を学んだ」
★MotoGP2017 カタルーニャ・サーキットの最終セクションにMotoGPライダー達から厳しい評価
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選1位ペドロサ「今日の結果はチームに感謝」
★ヤマハ ビッグロゴの採用などカラーリング&グラフィックを変更 “エンデューロ”向けモデル4機種の2018年モデルを発売
★MotoGP2017オランダGP予選11位 ビニャーレス「ポールポジションを狙える思っていた」
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー「自分はレーサー。意思決定は自分でする」
★MotoGP2017チェコGP 3位ビニャーレス「良い週末でなかったことを考えると良い結果」
★ヤマハ バイクライフサポートアプリ『RevNote by つながるバイク』とバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』とのサービス連携を開始
★MotoGP2017ヤマハ シルバーストーンで2018年型プロトタイプシャーシを使用していた
★MotoGP2017アラゴンGP6位 アレイシ・エスパルガロ「RS-GPのフレームは今まで乗った中で最高」
★MotoGP2017日本GP FP3結果
★MotoGP2017マレーシアGP ドヴィツィオーゾ「マルクと戦うのは常に大変」
★MotoGP2017バレンシアGP 写真ギャラリー