★ホンダ 大型クロスオーバーモデル「NC750X」の仕様装備を充実させ発売

Hondaは、力強いトルク特性で燃費性能に優れた直列2気筒750ccエンジンを搭載し、大容量のラゲッジスペースや、Honda独自の二輪車用「デュアル クラッチ トランスミッション(DCT)」をタイプ設定するなど、好評を得ている大型クロスオーバーモデル「NC750X」の扱いやすさと使い勝手を向上させ、4月20日(金)に新販売網のHonda Dreamより発売します。

Sponsored Link

今回、これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみに設定されていた、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定し、利便性を向上させました。

またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)※1を採用。後輪スリップ時の燃料噴射量を制御し、トルクを最適化することで、後輪駆動力を抑制し、ライダーがイメージした走行に寄与します。シート高は、幅広い層のお客様の使用用途に応えられるよう、全タイプ800mmの設定としています。

カラーリングは、キャンディークロモスフィアレッドとマットガンパウダーブラックメタリックの2色を新たに追加し、従来のパールグレアホワイトと合わせた全3色のバリエーションとすることで選択の幅を広げています。

※Hondaセレクタブルトルクコントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。Hondaセレクタブルトルクコントロールはあくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがってHondaセレクタブルトルクコントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません


 

販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計      1,100台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

NC750X 743,040円(消費税抜き本体価格 688,000円)
NC750X<ABS>E Package 880,200円(消費税抜き本体価格 815,000円)
NC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Package
946,080円(消費税抜き本体価格 876,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 NC750X NC750X<ABS>
E Package
NC750X
Dual Clutch Transmission
<ABS>E Package
車名・型式 ホンダ・2BL-RC90
全長 (mm) 2,215
全幅 (mm) 845
全高 (mm) 1,320
軸距 (mm) 1,520
最低地上高 (mm)★ 140
シート高 (mm)★ 800
車両重量 (kg) 218 221 231
乗車定員 (人) 2
燃料消費率※2(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※3(km/h)
42.0(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※4
28.3(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 3.0
エンジン型式 RC88E
エンジン種類 水冷 4ストローク OHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3) 745
内径×行程 (mm) 77.0×80.0
圧縮比 ★ 10.7
最高出力 (kW[PS]/rpm) 40[54]/6,250
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 68[6.9]/4,750
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 14
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン 電子式6段変速
(DCT)
変速比 1 速 2.812 2.666
2 速 1.894 1.904
3 速 1.454 1.454
4 速 1.200 1.200
5 速 1.033 1.033
6 速 0.837 0.864
減速比(1次★/2次) 1.731/2.529 1.921/2.294
キャスター角 (度)★ 27°00´
トレール量 (mm)★ 110
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)■製造事業者/本田技研工業株式会社
※2燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※3定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※4WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます


<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ミラー「カタールに戻ってくるのが待ち遠しい」
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★MotoGP2017アメリカGP3位 ペドロサ「フロントタイヤが駄目になってしまった」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選1位ペドロサ「今まで予選で苦戦していたので本当に嬉しい」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント LCRホンダ
★MotoGP2017ドイツGP ペドロサ「カレンダーの中でもお気に入りのトラック」
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「モルビデッリは皆にとって来年強敵となる。」
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー「自分はレーサー。意思決定は自分でする」
★ヤマハ 新型「YZF-R15」のエンジンを搭載したプラットフォームモデル ネイキッドスポーツ「V-IXION R」 インドネシアで発売
★HRC「CBR250R Dream Cup」継続開催について
★MotoGP2017サンマリノGP 予選4位クラッチロー「表彰台獲得を目指す」
★MotoGP2017アラゴンGP2位 ペドロサ「アタックするタイミングを決めるが難しかった」
★「第45回東京モーターショー2017」Hondaブース出展概要について
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてHonda Riding Assist-eを出展
★Ducati Ducatiワールド・プレミアにおいてMultistrada(ムルティストラーダ) 1260 Pikes Peakを発表
★Ducati 将来的にスクーター、電動バイクの製造にも乗り出す可能性あり
★ホンダ マレーシアで二輪事業60周年および累計生産500万台の記念式典を開催
★2018年のMotoGPの見どころ(その2) 2018年のタイトル獲得最有力候補マルク・マルケス
★MotoGP2018カタールGP クラッチロー「8位タイムというのは残念」
★MotoGP2018アメリカGP マルケス「まだ100%だとは思っていない」