★ヤマハ発動機 燃費/環境性能に優れたパワフルなエンジンを搭載しスタイリングも一新 原付一種スクーター「JOG」「JOG Deluxe」をモデルチェンジ

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティな外観で人気の原付一種スクーター「JOG」および「JOG Deluxe」のモデルチェンジを行い、4月25日より発売します。

Sponsored Link

今回発売の「JOG」「JOG Deluxe」は、燃費/環境性能に優れたパワフルな水冷4ストロークフューエルインジェクション搭載エンジンを採用し走りの基本性能を高めながら、新鮮味溢れるシャープなスタイリングに一新しました。

主な特徴は、1)よりシャープなフロントパネルと短く切り詰めたリアボディーにより、軽快な走りを表現した新しいスタイリング、2)燃費/環境性能に優れながら、力強い走りを実現する水冷4ストローク49cm3フューエルインジェクション搭載エンジン、3)フロントインナーボックスやシート下トランク(「JOG」約19L、「JOG Deluxe」約20L)、時計付スピードメーターの装備など日常使いでの利便性を向上、4)後輪ブレーキレバーを握ると前輪にもほどよく制動力を配分し、ブレーキングをサポートする“コンビブレーキ”の搭載 などです。

また、スタンダードモデルの「JOG」では、「JOG Deluxe」より15mm低いシート高(705mm)として足付き性を考慮しました。「JOG Deluxe」は、スタンダードモデル「JOG」をベースに“アイドリングストップ・システム”を搭載し、信号待ちなどの停車時の燃料消費や騒音、排出ガス低減に貢献します。製造は、本田技研工業株式会社が行います。


※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

名称 カラー 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「JOG」 ・マグナレッド(レッド)
・マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)
・グラファイトブラック(ブラック)
・ロスホワイト(ホワイト)
・ボルドーレッドメタリック(ボルドー)
2018年
4月25日
167,400円
(本体価格155,000円/消費税12,400円)
22,000台
(シリーズ合計/
年間、国内)
「JOG Deluxe」 ・タスマニアグリーンメタリック(グリーン)
・アトモスフィアブルーメタリック(ブルー)
180,360円
(本体価格167,000円/消費税13,360円)

「JOG」「JOG Deluxe」主要仕様諸元 【 】内は「JOG Deluxe」

認定型式/原動機打刻型式 2BH-AY01/AF74E
全長×全幅×全高 1,675mm×670mm×1,040mm
シート高 705mm 【720mm】
軸間距離 1,180mm
最低地上高 105mm
車両重量 78kg 【79kg】
燃料消費率*1 国土交通省届出値
30km/h定地燃費値*2
80.0km/L(30km/h) 1名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 58.4km/L(クラス1) 1名乗車時
原動機種類 水冷, 4ストローク, SOHC, 2バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 49cm3
内径×行程 39.5mm×40.2mm
圧縮比 12.0 : 1
最高出力 3.3kW(4.5PS)/8,000r/min
最大トルク 4.1N・m(0.42kgf・m)/6,000r/min
始動方式 セルフ・キック併用式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 0.70L
燃料タンク容量 4.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 3.5Ah【5.0Ah】(10HR)/GTZ5VS【GTZ6V】
1次減速比/2次減速比 n/a/12.321(45/14×46/12)
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.850-0.860:無段変速
フレーム形式 アンダーボーン
キャスター/トレール 26°30′/76mm
タイヤサイズ(前/後) 80/100-10 46J/80/100-10 46J(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ/
機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,40/40W×1

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
*:製造事業者:本田技研工業株式会社

「JOG」フィーチャーマップ ※印は「JOG Deluxe」専用


<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ハーレーから2017年型 Street Rod(ストリートロッド)が登場
★「XSR900」が世界的権威のデザイン賞で最高賞に選定
★MotoGP2017 リン・ジャービス「チーム内の雰囲気は最高」
★「YZF-Rオーナーズミーティング」を後援! YZF-Rシリーズ2017年最新モデルの展示を行います。
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「ここで新しいフロントタイヤを試すのは面白いだろう」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「問題が再発している」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選7位ロッシ「ホンダのパフォーマンスが高いのが気がかり」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロッシ「新しいシャーシも大きな効果はない」
★MotoGP2017イタリアGP 7位ザルコ「イアンノーネを抜くのに手こずった」
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★MotoGP2017カタルーニャGP 8位ロッシ「10周でスローダウンせざるを得なかった」
★MotoGP2017 今週末のシルバーストーン戦が試金石となるモビスターヤマハ
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCRF250 RALLYを出展
★カワサキ EICMAでニンジャH2 SXを発表
★ヤマハ発動機 超精密ペーパークラフト「YA-1」の予告ページを更新。1955年に「第一回浅間高原レース」が行われた場所で撮影を敢行。
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 モビスターヤマハ
★スズキ セミオートマチック・トランスミッションを新型隼向けに開発?
★MotoGP2018 テック3クルーチーフ ニコラス・ゴヨン「フォルガー欠場後に担当した中ではシャーリンが1番」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ロッシ「驚くような週末になるかもしれない」