★ヤマハ発動機 941cm3空冷Vツインエンジン搭載のクルーザーモデル 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」 カラーリングを変更

ヤマハ発動機株式会社は、941cm3 空冷Vツインエンジン搭載のクルーザーモデル「BOLT ABS」および「BOLT Rスペック ABS」のカラーリングを変更し、4月20日より発売します。

Sponsored Link

 「BOLT」は、“Ultimate Purely Bobber”をデザインコンセプトに、外装をシンプルに仕上げるカスタムトレンドのひとつである“ボバースタイル”を再現しています。そのスタイルとスポーティな走りが支持され、人気モデルとなっています。


 「BOLT ABS」は、昨年モデル同様「ブラックメタリックX(ブラック)」をベースとしながら、カスタムイメージを感じさせるシンプルでミニマムなグラフィックを採用し、「BOLT」の持つ質感の高さとカスタムベースイメージを強調しています。「BOLT Rスペック ABS」は、スタンダードモデルをベースに、ゴールドのリザーバータンク付きリアサスペンションや切削加工を施したキャストホイールなどを装備した仕様となっており、今回新しく2色のカラーリングを設定しました。

「ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)」は、トレンドの質感あるソリッドカラーをベースに、カスタムライクなイメージを感じさせるグラフィックを採用し、カジュアルなイメージを強調します。「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)」は、スポーティなイメージを感じさせるブルーを使いながら、水平基調のグラフィックを採用することで、スポーティな印象ながらモダンでシンプルなイメージを調和させました。 

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「BOLT ABS」
・ブラックメタリックX(ニューカラー/ブラック)
2018年
4月20日
961,200円
(本体価格 890,000円/消費税 71,200円)
500台
(年間、国内)
「BOLT Rスペック ABS」
・ブルーイッシュグレーソリッド4(ニューカラー/グレー)
・ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ニューカラー/ブルー)
1,006,560円
(本体価格 932,000円/消費税 74,560円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロッシ「昨日のような走りが出来なかった」
★MotoGP2017 ジョナス・フォルガー「今週末のレースには自信がある」
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★ヴァレンティーノ・ロッシ「ニッキー、皆が君のそばにいるよ」
★スロバキアリング8時間耐久レース 予選総合結果
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「ポジションは良くないがバイクのフィーリングが悪くない」
★MotoGP2017オーストリアGP5位 ザルコ「トップ5に戻ってこれたのが嬉しい」
★MotoGP2017イギリスGP 予選2位ロッシ「レースペースは良いとは言えない」
★Ducati新型V4スーパーバイク 新たな動画が登場
★MotoGP2017アラゴンGP ザルコ「トップ5、表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017アラゴンGP9位 ザルコ「マシンバランスに問題があった」
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル ボバーブラックが登場
★ヤマハ発動機のペーパークラフト、20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★MotoGP2017マレーシアGP ザルコ「ロッシのほうがマルケスよりも抜きにくい」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選2位ザルコ「優勝争い出来るペースはあると思う」
★ヤマハ オレンジのアクセントカラーでスポーティな印象を強調 原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 新色を発売
★ヤマハ発動機 高性能サスペンションなどを採用した上級仕様「MT-09 SP」を設定 ロードスポーツ「MT-09」シリーズ 2018年モデルを発売
★MotoGP2018カタールGP リンス「テストと同様に良いフィーリングを得られた」
★ヤマハ発動機 成長市場のプレミアムクラスに投入する125cc新型スクーター 「LEXi(レキシィ)」 インドネシアで発売
★MotoGP2018アメリカGP 6位ザルコ「ドヴィツィオーゾのペースについていけなかった」