★MotoGP2018 ロレンソ 2018年のライダーコーチのアレックス・デボンを解任

近年は多くのトップライダーが、トラックサイドで自分の走りを分析、アドバイスなどを与えてくれるライダーコーチを雇っています。ロッシ選手はルカ・カダローラ、ペドロサ選手はセテ・ジベルナウ、そしてロレンソ選手は2018年からアプリリア時代に共に戦ったアレックス・デボンをライダーコーチとして雇っていました。

Sponsored Link

しかしpu24.itがウェブサイトに掲載した情報によると、ロレンソ選手はアレックス・デボンを解任。第2戦のアルゼンチンにおいてデボンはライダーコーチを努めないとのこと。これはロレンソ選手による決定であるとDucatiも報道内容を認めています。Ducatiとデボンが契約をしていたわけではないためか、Ducatiから公式のリリースは現在出ていません。

ロッシ選手がライダーコーチを雇うようになり、ライダーコーチが話題になり始める前からロレンソ選手はこうした役割の人物(※ヤマハ時代のウィルコ・ズィーレンベルグ)を雇っていたことでも知られています。

ロレンソ選手はこうしたライダーコーチに関して、「自分はこの仕組みを特定の名前で呼びたくないんですよ。というのも、この仕組みを始めに使い始めたのは自分ですからね。自分が2010年に世界選手権の中で、トラックサイドでウィルコに観察してもらうという仕組みを始めたんです。常に4つの目があったほうが、2つの目よりも良いと思っています。」と過去に話しています。

なお、ロレンソ選手は開幕戦カタールにおいてブレーキトラブルによってリタイア、チームメイトであるアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手はホンダのマルク・マルケス選手との激闘を征して優勝しています。

ライダーコーチに関しては必用だと考える選手もいる一方、クラッチロー選手は「ライダーコーチなんてものはいらない」と一蹴しています。

(Photo courtesy of michelin)

(Source: gpone.com, pu24.it)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★TOP GEARでマット・ルブランクが1299スーパーレッジェーラをライディング
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「Ducatiはいつだって素晴らしいバイク」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロレンソ「どんどんフィーリングが良くなっている。」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「イタリアよりも高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP2017オーストラリアGP ドヴィツィオーゾ「Ducatiには少し難しいトラック」
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 クラッチロー「新しいバイクのフィーリングは良い」
★MotoGP2018 ヘレステスト2日目結果 トップはドヴィツィオーゾ
★MotoGP2018 ダヴィデ・タルドッツィ「改善が必要な点は把握しているし、改善出来る自信もある」
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ モンツァラリーショーにおいて6度目の優勝を記録
★MotoGP2018 ミシュラン「素晴らしいレースが行われることが重要」
★MotoGP2018 レプソルホンダのチームマネージャーにアルベルト・プーチが就任
★MotoGP2018 ジジ・ダッリーニャ「新型フェアリングをブリーラムでテストする」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 10位ロッシ「セパンとタイで速かったのはホンダだけ」
★MotoGP2018 TEAM SUZUKI ECSTAR タイテストのビデオを公開
★MotoGP2018 カタールテスト2日目 4位ザルコ「優勝争いにはあと0.3秒足りない」
★MotoGP2018カタールGP FP4結果
★MotoGP2018アルゼンチンGP レース後のロッシのマルケス糾弾会見 一問一答
★MotoGP2018アメリカGP ビニャーレス「全力で優勝争いをする必要がある」
★MotoGP2018アメリカGP ダヴィデ・ブリビオ「Marc VDSとの契約はヘレスまでに判断を行う」
★MotoGP2018アメリカGP 2位ビニャーレス「今日のレースをニッキーに捧げる」