★ワールド・ドゥカティ・ウィーク2018のチケット販売が開始

第10回目となるワールド・ドゥカティ・ウィーク(WDW)のチケットが発売開始となりました。イベントは例年通りミサノ・サーキットにおいて開催されます。

Sponsored Link

沢山のイベントに満ちたワールド・ドゥカティ・ウィーク(WDW)は純粋な楽しさと情熱に満ちています。今年はモンスターの25周年の記念すべき年であるため、ボローニャ生まれのこのネイキッドに関連したイベントが開催されます。注目すべきは今年のDucati Garage Contestで、一般ユーザーによるカスタムモンスターの展示が行われます。さらにイベントにはDucatiのMotoGPライダー、スーパーバイクのライダー達も参加します。

ワールド・ドゥカティ・ウィーク(WDW)2018のチケットは3月27日から購入が可能です。バイクで参加される方向けのBiker Pass、徒歩、もしくはパッセンジャーシートに乗られる方向けのVisitor Passがあり、1日パスもしくは3日の通し券を選ぶことが出来ます。

チケットはDucatiのオフィシャルウェブサイトの他、Ducatiディーラーシップ、世界中のデスモオーナーズクラブで購入が出来ます。

Biker Passの3日間通し券は€95、Visitor Passは€65となります。これにはDucatiのラインナップの試乗、トラックセッションへの自分のバイクでの参加資格、Ducati Riding ExperienceでのDucatiライディングアカデミーへの参加資格が含まれます。

2018年のワールド・ドゥカティ・ウィーク(WDW)にはRookie tariffという新たな仕組みが設けられます。これは18歳から25歳に限り1日パスとして購入可能で、ライダー向けは€30、バイク無しの方は€25となります。さらにファミリー向けが参加しやすいよう、18歳以下(1家族ごと4名の子供まで)は無料となります。

チケットの価格、購入などさらなる情報に関してはオフィシャルDucatiウェブサイトをご参照下さい。イベントの完全なプログラムは、じきにオンラインで利用可能となります。

<Ducati プレスリリース>


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link