★MotoGP2017カタールGP 決勝レースは日曜の日中開催の可能性あり

開幕前にレースディレクションのカピロッシとウンチーニが”路面がウェットでも夜間のレース開催は問題ない”と判断していましたが、安全上の理由から実際のレースを行うか否かはライダー達の判断になると、レースディククターのマイク・ウェッブが発表していました。しかしここで新たにライダーがレースディレクションの決定を全く支持しないとなると、カピロッシとウンチーニは一体何を確認していたんだ?という話にもなりそうですが。。

Sponsored Link

2017年の開幕戦カタールGPは数時間前倒しとなり、日中に開催されるかもしれない。これはライダー達がウェットレースよりは安全だと考えているため。今週末のカタールGPでは雨の予報となっているが、今のところトラック上のセッションは雨に見舞われてはいない。カタールの夜間開催のレースが雨天に開催されたことはなく、2009年のレースは夜間の激しい雨のために24時間延期となり月曜に開催された。

オーガナイザー達は金曜のライダー達による通常のセーフティーコミッションの後、レースを日曜の早い時間にリスケジュールすることも視野にオプションを検討している。これはこの後のセッションのいずかがウェットコンディションで開催され、ライダー達が視認性の悪さから危険だと感じた場合に取られる土壇場の決断となる。

1ヶ月前にレースディレクションのロリス・カピロッシとフランコ・ウンチーニは、ウェット条件でテストを行い視認性に問題が無かったことから、レース開催は可能だろうという判断をしている。

ライダー達はこの決定には納得せず、夜間の照明の中でウェットレースを行うことが安全かどうか確認を行うという立場だ。土曜日の現地時間、夜8時45分のFP4が雨天だった場合、ライダー達は再び状況について話し合いを行う。もしライダー達が、最低レベルの安全性を満たさないと判断した場合は、雨天でのレース開催以外のオプションが検討される。

ライダー達は同様に、2004年から2007年にかけてのデイレースの復帰をアピールして行くことで金曜に一致している。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目結果
★MotoGP2017カタールGP 決勝結果
★MotoGP2017 マルケス「アルゼンチンはタイヤライフに注意が必要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「ウェットでこんなに良いフィーリングは久しぶり」
★MotoGP2017ケーシー・ストーナー 5月23日からのバルセロナテストに参加
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「ヘレス同様の競争力を発揮したい」
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGPプレビュー
★MotoGP2017イタリアGP Q2結果
★MotoGP2017 6/7時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017カタルーニャGP マルケス「新レイアウトは自分好み」
★カタルーニャGP グランプリコミッション 昨年と同様のレイアウト使用を決定
★MotoGP2017オランダGP FP4結果
★MotoGP2017ドイツGP 予選4位クラッチロー「ホンダで上位3位を獲得したい」
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★MotoGP2017オーストリアGP11位 イアンノーネ「忍耐強く作業を続ける必要がある」
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ今週末のレースを欠場、代役はなし
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネとの契約破棄はない」
★MotoGP2017アラゴンGP ファン・デル・マルク「走ることになればベストを尽くして楽しみたい」