★MotoGP2018アルゼンチンGP ロッシ「2017年同様に各メーカーの浮き沈みのあるシーズンになる」

FP2を終えて7位タイムだったロッシ選手は、カタールで圧倒的だったDucatiの苦戦を見て、今シーズンについて「昨年同様にトラックにごとに各メーカーの浮き沈みがあるシーズンになるのでは?」と予想しています。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「新しい路面はバンプが少なくなって良い感じですね。ミシュランは今回4種類のタイヤを持ち込みましたけど、路面のグリップを心配しているようです。最終的には新しい路面のグリップは古い路面と同程度です。レースタイヤで快適に走行出来ています。ただ、ソフトタイヤで少し問題が出てしまいました。これはタイヤマネジメントの面で問題になると言えます。」

「まだポテンシャルはわかりませんから、明日の予選がどうなるかですね。それにまだどのタイヤを使用するか決めていません。ただ現時点でどのタイヤを使用するかを判断するかは難しい問題です。ラップタイムはさらに良くなるでしょうし、グリップも出てくるでしょう。これは正しいタイヤを選択出来るか否かによるでしょうね。」

「ここではグリップが良くなるとすべてが回りだすんです。ただ今日はマルケスが強かったですね。もちろん彼が優勝候補です。ただ彼が抜け出す事がなければ、また接戦になるでしょう。」

「2017年と同様にレースごとに優勢なバイクが変わることになるでしょう。自分達は正直心配しています。全体的にはDucati以外はカタールと同様でしょう。Ducatiはカタールでは圧倒的でしたけど、同じバイク、同じライダー、同じタイヤで苦戦しています。皆にとってアップダウンがあるという意味では、昨年と似たようなシーズンになるかも知れません。」

(Photo courtesy of michelin)

(Source: モビスターヤマハ, Crash.net)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★"スクランブラー"スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今週も間違いなく優勝争いが出来る」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「今年はタイヤとM1、トラックの相性が良くない」
★MotoGP2017ロッシ 病院を退院し自宅で静養
★MotoGP2017カタルーニャGP 5位ヨハン・ザルコ「トップ集団に追いつけると思っていた」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「常にトップ5を獲得しようとすることが大事」
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「後半戦に向けて集中が必要。もうミスは出来ない」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「レースでは1列目が非常に重要になる」
★MotoGP2017ブルノテスト ロッシ「新しいフェアリングは良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選6位ザルコ「1列目は獲得出来たはず」
★ヤマハ バイクライフサポートアプリ『RevNote by つながるバイク』とバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』とのサービス連携を開始
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「今回も2018年のプロトタイプシャーシを使用」
★第45回東京モーターショー2017 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて
★MotoGP2017バレンシアGP ザルコ「マルケスについて行きたいし、優勝争いもしたい」
★MotoGP2018カタールGP FP4結果
★MotoGP2018カタールGP 予選4位クラッチロー「ペースは悪くないし自信もある」
★MotoGP2018カタールGP ロレンソ「フロントブレーキの問題によって転倒した」
★MotoGP2018アルゼンチンGP シャーリン「アルゼンチンに向けてしっかりと準備は出来ている」
★MotoGP2018アルゼンチンGP マルケス「バレンティーノとの接触はクレイジーな走行ではなかった」