★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選3位ザルコ「良い形でレースをスタート出来る」

最後までスリックを履くかどうか迷っていたというザルコ選手はレインタイヤで3番手を獲得。レースにおいても1周目から逃げ切るという作戦を有言実行出来る位置を獲得しました。

Sponsored Link

サイモン・クラファー

「ヨハン、明日のレースに向けてフロントローを獲得しました。素晴らしい走りでしたが、予想していましたか?」

ヨハン・ザルコ

「嬉しいですね。このコンディションの中でバイクを上手く操ることが出来ました。最後はかなり怖い走行でした。数名がスリックで走っていてレインタイヤの選手もいました。自分はまだスリックには早いかと思っていたんですが、スリックを履いたほうがいいかもしれないというのはずっと考えていました。ジャックがタイヤを交換するのが見えていたんですが、その時のラップを追えるか、ピット・インするかを選択する必要があって、自分は”レインタイヤでプッシュを続けよう”と判断しました。」

「ですが最終的にはミラーの選択が正しかったですね。自分も同じように走行出来たかどうかはわかりません。でも彼の走りは素晴らしかったですよ。金曜は難しい形でしたが、今日はドライセッションがありませんでした。明日どうなるかですが、ドライで1日、ウェットで1日走行しましたから準備は出来ています。(1列目なので)また良い形でレースをスタート出来るでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ジョナス・フォルガー「この結果に驚きはない」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「決勝では路面はかなり綺麗になるはず」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1-3総合結果
★セーフティーコミッション 2016年フロントタイヤの使用はアメリカズGPへ持ち越し
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★ヤマハ発動機 2017年12月期 第1四半期の連結業績の概要について
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「旋回性がもう少しアップすれば、毎週末戦える」
★MotoGP2018 レディング「今はバイクをもっと乗りやすくしていきたい」
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている
★2018年のMotoGPの見どころ(その7) 優遇処置が適用されるスズキは高い戦闘力を発揮出来るのか?
★MotoGP2018 ジジ・ダッリーニャ「セパン、ブリーラムでバイクの方向性を決め、カタールで最終調整をする」
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ドヴィツィオーゾ「コーナーエントリーの感触が良い」
★MotoGP2018 セパンテスト3日目 ロレンソ「昨年からバイクは素晴らしく改善している」
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ「あと2年はレースを続ける」
★MotoGP2018カタールGP 予選1位ザルコ「良い結果を得るには最高のチャンス」
★MotoGP2018カタールGP 優勝ドヴィツィオーゾ「全てが完璧な形だった。チームに感謝したい」
★MotoGP2018アルゼンチンGP マルケス「この後コンディションがどう変化するかに注目」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ロッシ「マルケスがこのスポーツを破壊している」
★MotoGP2018アメリカGP Q2結果