★Moto2アルゼンチンGP NTS RW RACING GP 予選でトップ15に到達

NTS RW RACING GP のジョー・ロバーツとスティーヴン・オデンダールは、2018年シーズン第2戦アルゼンチンGPの予選で、10番手タイムと14番手タイムを記録する快挙を達成しました。

Sponsored Link

土曜日のテルマス・デ・リオ・オンドサーキットは不安定な天候に翻弄され、コースコンディションも一定しない難しい一日になりました。午前のFP3でも快調な走りを披露していたロバーツとオデンダールは、現地時間午後1時30分に始まった予選でいよいよ本領を発揮。NTSの特性を存分に発揮し、ロバーツは45分間のセッション中に上位5番手に食い込む健闘を見せました。最終的には10番手でこの日の走行を終え、明日の決勝は4列目10番グリッドからスタートします。オデンダールも安定感の高い走行を続け、5列目14番グリッドを獲得しました。全23周で争われる明日の決勝レースは、午後1時20分(日本時間9日午前1時20分)にスタートします。

スティーヴン・オデンダール(P14–1分57秒813)

「今日の予選はとてもうまく進めることができた。僕のMoto2世界選手権レースキャリアで最高のグリッドポジションを獲得できたことが、とてもうれしいんだ。バイクはウェットコンディションでもとてもよく走っているので、明日がウェットレースになればポイント圏内でフィニッシュできる自信は充分にある。今日は、すごくいいセッションになった。いいバイクを仕上げてくれたチームの努力には本当に感謝をしている」

ジョー・ロバーツ(P10–1分57秒293)

「世界選手権で自己ベストの予選結果になって、本当にうれしい。ウェットコンディションで高い戦闘力を発揮できる自信は、充分にあったんだ。予選開始直後からいいペースで走れて、あっという間にトップファイブにつけることができた。セッション終盤になると、速い選手たちがタイムアップしてきたので、僕は10番手になってしまったけれども、NTSで初めて走ったウェットセッションでこの順位なんだから、スーパーハッピーだよ。こんなに力強い走りをできるのは、本当にすごいことだと思う。明日の天候はドライになるのかウェットになるのか予測不可能だけれども、決勝ではスタートを決めて上位グループについて行ければ、ポイント圏は充分に狙えると思う。いいグリッドポジションでレースを迎えることができるので、後方スタートと比べるとはるかに有利に戦いを進めることができる。明日は全力を振り絞って、最後まで戦い抜くよ」

ヤルノ・ヤンセン(チームマネージャー)

「今日の予選では、両選手ともとてもがんばってくれました。不安定な天候の中、最初からウェットタイヤで行こうと決めたのは予選の戦略としても成功でした。セットアップもうまく進めることができました。高い戦闘力を発揮してこれだけ良い内容のセッションになったのは、もちろん、ジョーとスティーヴンががんばってくれたおかげです。NTSRWRacingGPとしても、全員が一致団結してチームワークを発揮できました。NTSと両選手のがんばりに心からの敬意を表したいと思います」

<NTS プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「実はホンダと契約がまとまりかけていた。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ザルコ「バウティスタに付いていけなかった」
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アルゼンチンGP 写真ギャラリー
★NTS FIM CEV Repsol Moto2 Round5 ヘレスサーキット : 決勝レポート
★Moto2 2018 ヘレステスト3日目 トップタイムはファビオ・クアルタラロ
★MotoGP2018アルゼンチンGP リンス「アルゼンチンは自分達にとっては素晴らしいトラック」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ロッシ「驚くような週末になるかもしれない」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 中上「完走、さらに良い結果を求めていく」
★MotoGP2018アルゼンチンGP マルケス「この後コンディションがどう変化するかに注目」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ラバト「タイヤライフの改善が必要」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選2位ペドロサ「果たして明日の天候がどうなるか。。」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選4位ラバト「本当に素晴らしい仕事が出来た」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選14位ロレンソ「ミディアムの代わりにソフトタイヤを装着されてしまった。。」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 3位アレックス・リンス「スタート前は本当にナーバスだった」
★MotoGP2018アルゼンチンGP リン・ジャービス「マルケスの行為は受け入れがたい」
★NTS RW RACING GP、アメリカズ GP を 21 位と 23 位で終える