★MotoGP2018アルゼンチンGP ウォームアップ結果

アルゼンチンGPのウォームアップ結果です。トップタイムはマルケス選手が獲得。2位タイムのペドロサ選手とは0.5秒以上の差がありますので、間違いなく優勝候補の筆頭と言えるでしょう。3位はアプリリアのレディング選手、4位はDucatiのロレンソ選手、5位はLCRのクラッチロー選手。3位以下の3名は予選順位が振るわなかったため、いかにペースが良くともレース序盤に少なくともトップ集団の中に入っていなければ、表彰台は厳しいでしょう。

Sponsored Link

6位は好調のリンス選手、7位アレイシ・エスパルガロ選手、8位ロッシ選手、9位イアンノーネ選手、10位ビニャーレス選手。マルケス選手と10位のビニャーレス選手との差は1秒以上あるため、ファクトリーヤマハの2台がレプソルの2台を捉えるのはかなり厳しいと言えそうです。

ドヴィツィオーゾ選手が11位タイム、アブラハム選手12位、そしてハフィズ・シャーリン選手は13位ペース。ポールポジションを獲得したミラー選手は17位タイムでした。日本の中上選手は21位タイムと苦戦が続きます。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「トップ10を逃したのは残念」
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「エレクトロニクスの改善が必要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バズ「ロレンソの転倒でチャンスを失った」
★MotoGP2018  マルケス、ペドロサHonda Racing THANKS DAY 2017に参加
★MotoGP2018 新たに独立チームトロフィー、独立チームライダーズトロフィーを導入
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 Ducati
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 KTM
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ALMA PRAMAC RACINGの2人が4位、5位タイムを記録
★MotoGP2018 タイテスト初日 5位ペドロサ「正しいラインをスピードを維持して走ることが重要」
★MotoGP2018 Ducati タイテストに2種類の新型エアロダイナミクスフェアリングを投入
★MotoGP2018 カタールテスト2日目 7位ビニャーレス「全ての面で作業が必要」
★MotoGP2018カタールGP リンス「テストと同様に良いフィーリングを得られた」
★MotoGP2018カタールGP モルビデッリ「今はただレースがしたい」
★MotoGP2018カタールGP 9位イアンノーネ「フロントに自信を感じることが出来なくなった」
★MotoGP2018アルゼンチンGP Q2結果
★MotoGP2018アルゼンチンGP クラッチロー「ジャックの玉のサイズは知ってるが、彼の走りは賞賛に値する」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選11位ロッシ「ドライならばよいペースで走行出来る」
★MotoGP2018アメリカGP ダヴィデ・ブリビオ「Marc VDSとの契約はヘレスまでに判断を行う」
★MotoGP2018アメリカGP 2位ビニャーレス「今日のレースをニッキーに捧げる」