★MotoGP2018アルゼンチンGP 3位アレックス・リンス「スタート前は本当にナーバスだった」

初のMotoGPクラス表彰台獲得となったアレックス・リンス選手。終盤はミラー選手と激しい優勝争いを展開しましたが、あそこで落ち着いてタイヤをセーブしておけば。。とは思ってしまいます。スズキにとってビニャーレス選手以降初めての表彰台獲得となりました。

Sponsored Link

サイモン・クラファー

「初のMotoGPクラス表彰台獲得でさぞかし嬉しいことでしょう。終盤に少し優勝争いから遅れてしまいましたが、何が起きたのでしょう?」

アレックス・リンス

「表彰台を獲得出来て本当に嬉しいです。チーム、そして日本のファクトリーが冬の間に素晴らしい仕事をしてくれました。スタート前はレース開催が遅れるなどで本当にナーバスだったんです。最終ラップは少しランオフしてしまいました。ターン7でミラーが後ろにいたと思います。最後は全力でプッシュしました。最高に嬉しいです。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link