★MotoGP2018アルゼンチンGP 2位ヨハン・ザルコ「優勝はいつか必ず出来る」

クラッチロー選手と最終ラップまで激しいバトルを繰り広げたザルコ選手ですが、最終ラップでクラッチロー選手にアタックを仕掛けるほどに接近出来ませんでした。しかし「この調子でレースをしていけば、優勝はすぐに達成出来る」と力強い言葉。今後のレースにも大いに期待が出来ます。

Sponsored Link

サイモン・クラファー

「最後は優勝まであと少しでした。最終ラップのバトルについて教えて下さい。」

ヨハン・ザルコ

「優勝はいつか必ず出来ます。今はこうやってひたすらにプッシュを続けることが必要です。レースは本当に厳しいものでした。ドライでは苦戦するだろうと前にも話していた通り、かなり苦戦したんです。他のライダー達よりも速いペースで走行することが出来ませんでしたね。自分は他の選手達の後ろで常にベストを尽くし、とにかくミスをしないように集中していました。」

「最後はなんとかクラッチローをオーバーテイクするスペースを見つけようとしていたんですが。。出来ませんでした。こういう展開の中での2位は嬉しいですし、クラッチローを祝福したいと思います。彼は金曜の時点で自分より速かったですからね。自分はこうしてポイントを獲得出来ましたし、優勝はすぐに訪れることを願っています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★MotoGP2017カタールGP ロッシ/ロレンソ「カタールGPの日中開催は難しい」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「M1がここでどんな走りをするのか楽しみ」
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「雨が強まれば優勝出来ていた」
★MotoGP2017オーストリアGP ロッシ「どのレースでも表彰台を狙える」
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良いレースをして戦闘力を発揮することが目標」
★ドルナとミシュランは、いかに歴史上最も拮抗したチャンピオンシップを作り上げたのか?
★MotoGP2018ヘレステスト ティト・ラバト「このバイクは信じられないほど良い」
★ダカールラリー2018 ステージ4優勝はヤマハのエイドリアン・ヴァン・ベヴェレン
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ロッシ「第一印象はいいが、エレクトロニクスの作業が必要。」
★MotoGP2018 テック3 エルヴェ・ポンシャラル「良いニュースをじきにお届け出来る」
★MotoGP2018 トーマス・ルティ「バイクとタイヤに関して理解が進んだ」
★MotoGP2018 カタールテスト3日目 6位マルケス「開幕戦から激しい戦いになる」
★MotoGP2018 ビアッジ「ロッシだって41歳でタイトルを獲得出来る可能性がある」
★MotoGP2018 現時点でのストーブリーグの話題あれこれ
★MotoGP2018アルゼンチンGP 決勝結果
★MotoGP2018 ロレンソ「Ducatiとロレンソという”カップル”が上手くやっていくことに集中している」
★MotoGP2018アメリカGP FP2結果
★MotoGP2018アメリカGP 6位ザルコ「ドヴィツィオーゾのペースについていけなかった」