★MotoGP2018アルゼンチンGP ロッシ「マルケスがこのスポーツを破壊している」

マルケス選手のオーバーテイクによって接触転倒となったロッシ選手は、6位から19位に一気に順位を落としました。今週末はマルケス選手が繰り返し危険走行をしており、レースディレクションはなんらかの対策をする必要があり、マルケスにはさらなる制裁が必要と語ります。とにかく怪我がなく幸いだったと言えるでしょう。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「体は大丈夫です。しかし最悪な状況です。今日のアクシデントを例にすれば、同じようなことは誰にだって起きます。ブレーキングでミスをして他の選手に接触してもいいってことなんです。レースですからこういうことは起き得るとは思います。しかし金曜の朝から、マルケスは同じことをビニャーレスにし、ドヴィツィオーゾ、自分にもしました。土曜の朝もそうです。そして今日は彼は4人のライダーにこうした行為を行いました。こうしたレースを許してしまえば、レースの危険度が非常に高まります。」

もしすべてのライダーが同じような走行をすれば、レースは本当に危険なスポーツになりますし、最悪の結果しかありません。非常に危険な状況です。自分がレースディレクターのマイク・ウェッブに言ったことによって、彼らがより責任ある行動を起こしてくれることを願っています。レースディレクションはさらなる追加処置を取る必要があります。

「マルケスが同じトラックにいるのが恐ろしいですよ。彼の名前がサインボードに出た時に既に恐ろしかったんです。自分はレースディレクションではありませんから、彼らがどうするかを決めることです。しかし、マルケスはこのスポーツを破壊しています。300km/hでレースをしている時は、ライバルのことを尊重する必要があるんです。

(Photo courtesy of yamaha motogp)

(Source: モビスターヤマハ)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フランスGP ザルコ「M1は表彰台を獲得出来るポテンシャルがある」
★MotoGP2017フランスGP 7位フォルガー「レース序盤のペース改善が必要」
★スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター 「シグナスX XC125SR」の新色を発売 新排出ガス規制にも適合
★MotoGP2017オーストリアGP 予選4位ビニャーレス「セクター1、2の加速性の向上が必要」
★MotoGP2017アラゴンGP フォルガー「これからしっかりポイントを獲得していきたい」
★ヤマハ発動機のペーパークラフト、20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★MotoGP2017マレーシアGP ビニャーレス「チャンピオンシップ2位獲得が目標」
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「父よりも母のほうがセッティングなどのアドバイスをくれる」
★MotoGP2018ヘレステスト ジャック・ミラー「今この状態が本当に嬉しい」
★MotoGP2018 アレックス・マルケス「今回のテストは2019年にMotoGP昇格のモチベーションになった」
★ヤマハ発動機 オートカラーアウォード2017 ヤマハ発動機が二輪車初のグランプリを受賞
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ドヴィツィオーゾ「コーナーエントリーの感触が良い」
★Alma Pramac Racing ランボルギーニ社においてチームプレゼンテーションを開催
★MotoGP2018カタールGP レディング「ブレーキングのフィーリング向上で前に行ける」
★MotoGP2018カタールGP 5位ペトルッチ「フロントにソフトを選んだのが良くなかったかもしれない」
★MotoGP2018ヤマハ リン・ジャービス「ザルコをロッシの後釜にと考えたことは一度もない」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ビニャーレス「明日雨が降ればトップ10に入るのは難しい」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 2位ヨハン・ザルコ「優勝はいつか必ず出来る」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 5位ビニャーレス「今日は多くの事を理解出来た1戦だった」
★MotoGP2018アメリカGP イアンノーネ「今年は間違いなく昨年よりも競争力が高い」