★MotoGP2018アメリカGP ザルコ「MotoGPクラス初優勝のことは当然考えてしまう」

アルゼンチンGPの終盤では、リンスとミラーのバトルに参加せず、クラッチローとのバトルに備えてタイヤと体力を温存していたザルコ。明らかにペース面ではレースウィークを通じてクラッチローに劣っていながら、最後まで接戦を演じました。こうした走りからも、MotoGPクラス初優勝は目前だと言えるでしょう。COTAはマルケスのホームグラウンドとも言えるサーキットですが、COTAでMotoGPクラス初優勝を遂げることが出来るでしょうか。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「COTAは非常に良いトラックです。ただフィジカル面ではタフで、恐らく年間のカレンダーの中でも最もテクニカルなサーキットの1つでしょう。なにせコーナーの数は20もありますから、速く走るのは容易ではありません。」

「ただ、アルゼンチンで表彰台を獲得しましたし、バイクで得られたフィーリングに関して本当に嬉しいんです。オースティンでは表彰台争いをするために、最高の形でレースに向けて準備が出来るよう、金曜の段階からこの素晴らしいフィーリングを感じることが出来ればと思っています。」

「初優勝に関しては当然考えてしまいます。初優勝についてはやはり夢ですし、最大限この初優勝という夢の中で行きたいと思います。」

(Photo courtesy of michelin)

(Source: Tech3)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ヤマハ 2017年型YZF-R6のスペックなどを公開。
★MotoGP2017カタルーニャGP ロッシ「今回は表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017オーストリアGP フォルガー「レッドブル・リンクでのレースは楽しい」
★MotoGP2017 フォルガー「ロッシの後を継ぐのは自分かザルコ」
★MotoGP2017ロッシ 右足をエンデューロトレーニング中に骨折。複数ラウンド欠場の恐れ
★MotoGP2017 リン・ジャービス「ロッシと契約延長の話が出るとしたら、2018年のムジェロ辺り」
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝3位ザルコ「ソフトタイヤを選んだのが表彰台獲得の鍵だった」
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 クラッチロー「新しいバイクのフィーリングは良い」
★MotoGP2018 マーべリック・ビニャーレス「今年は恐らく最も苦しんだ1年だった」
★MotoGP2018 アレックス・マルケス「今回のテストは2019年にMotoGP昇格のモチベーションになった」
★MotoGP2018 アッセンTTサーキットに新たなグランドスタンドが登場
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 KTM
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ビニャーレス「エレクトロニクスのセットアップに集中した」
★ヤマハ“スポーツツーリング”最高峰モデルとしての存在感を演出 スポーツツアラー「FJR1300AS/A」のカラーリングを変更
★MotoGP2018 タイテスト3日目 8位中上「LCR Honda IDEMITSUチームに大きな感謝を述べたい」
★MotoGP2018 ミシュラン ピエロ・タラマッソ「今シーズンに使用するタイヤの情報は前もって公開される」
★MotoGP2018カタールGP 予選1位ザルコ「良い結果を得るには最高のチャンス」
★MotoGP2018アルゼンチンGP イアンノーネ「今回のレースは100%の形で終えたい」
★MotoGP2018アメリカGP ロレンソ「レースディレクションはペナルティーを厳罰化すべき」
★Moto3アメリカGP FP3結果