★MotoGP2018アメリカGP マルケス「まだ100%だとは思っていない」

COTAで連勝を重ねているマルケスはFP2を終えて2番手。とは言え、まだまだ100%のポテンシャルで走行はしていないと語り、さらに改善作業を進めていくとしています。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「序盤から強い走りが出来る感触があったので、物事が良い方向に進んで嬉しいですし、レースに向けてしっかりと作業が出来ています。最も重要なのはラップタイムをハードタイヤで出すことが出来たということです。明日は雨が降るかもということですので、2位タイムでセッションを終えたということもまたポジティブです。既にペースは良い感じですが、まだ100%であるとは感じていないので、まだまだ改善を進めたいと思っています。」

「午後は別のセットアップを試す中で転倒してしまいました。ですから作業を引き続き進める必要があります。中にはビニャーレスのように非常に強い走りをしているライダーもいます。今日はいろいろなタイヤを試すことが出来ましたが、この面ではまだまだ作業が必要でしょう。ただ日曜までは時間がありますから、状況がどうなっていくのかを注視する必要があります。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link