★2017-2018EWCル・マン24時間耐久 F.C.C. TSR Honda Franceが初優勝

EWC(世界耐久選手権)の第2戦 ル・マン24時間耐久レースにおいて優勝したのはF.C.C. TSR Honda Franceでした。2位はHonda Endurance Racingが獲得し、ホンダが1位、2位を獲得しました。EWCクラスは以下3位にWepol Racing by penz13.com(BMW)、4位Bolliger Team Switzerland(カワサキ)、5位Team SRC Kawasaki、6位Mercury Racing、7位GMT94 Yamaha、8位Team R2CL、9位WSB-Endurance、10位Mototech EWC Teamとなりました。Suzuki Endurance Racing Teamはクラス13位、YARTヤマハはリタイアとなっています。

Sponsored Link

これでF.C.C. TSR Honda Franceが総合95ポイントを獲得し、ランキングトップに浮上。2位はGMT94 YAMAHAが91ポイントで追う形、3位には82ポイントでHonda Endurance Racing 、4位WEPOL Racing by penz13.comは81ポイント、5位のMERCURY RACINGは総合48ポイント、Suzuki Endurance Racing Teamは41ポイント、YARTヤマハは現時点で獲得ポイントがなく、今季の総合優勝に早くも暗雲が立ち込めています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link