★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「100%自分のミス。スズキには最高の結果がふさわしい」

フロントローから抜群のスタートを決めたイアンノーネ選手には全世界の鈴菌の期待がかかっていましたが、やはり全世界の鈴菌が予想していたように表彰台を争いながら自爆してしまいました。。
これは本人も完全に自分の非を認めているようですが、ポジティブに考えると、GSX-RRとイアンノーネ選手の組み合わせは表彰台争いが十分に出来る戦闘力があるとも言えそうです。次から気持ちを入れ替え、ビニャーレス選手を見習って落ち着いた走りを心がけて欲しいですね。

Sponsored Link

イアンノーネのレースはこれから良くなるというところで終わってしまった。彼はマルケスとの接触の後、表彰台圏内から脱落。レースをリードし、ベストライダー達とのバトルをしてグラベルでレースを終えた彼の表情は曇っている。

 

Q

「マルケスと何があったんでしょうか?リアに接触したんですか?」

アンドレア・イアンノーネ

「ええ。明らかな接触がありました。問題は重要なレースだったにも関わらずレースを完走できなかったことです。」

 

Q

「今週は前進がありましたね。」

アンドレア・イアンノーネ

「テストに比べると自信が増しましたね。ただ、もう少し出来たはずだと考えるとまだ自分のバイクという感じがしません。こうしたレースを無駄にする事は出来無いんです。目的意識を持って走る必要があるんですが、自分に本当に頭に来ています。マルクとバトルをするこうした状況では、もう少し上手く状況をコントロールする事を学ぶ必要があります。忍耐深く、そして必要な時にアタックする事が必要です。」

 

Q

「完全に自分の非を認めている感じですね。」

アンドレア・イアンノーネ

「自分が間違っていたわけですし、自分に非があると100%認めますよ。これが最初で最後のミスになることを願っています。」

 

Q

「マルケスの走りは今までのラップと違ったのでしょうか?」

アンドレア・イアンノーネ

「1周目と同じようにコーナーに進入したのは確かです。マルクはスタートと比較すると苦戦しているようでした。彼もそれは否定しないでしょう。問題は自分にあります。今話したように、こうした状況でどのように振る舞うのかを学ぶ必要があります。スズキにはこうしたミスは似合いません。彼らは冬の間懸命に努力して、自分の事を信じてくれているんですから。スズキには最高の結果がふさわしいですよ。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link