★MotoGP2018ヘレスGP マルケス「優勝争い、表彰台争いが出来る」

マルケスはFP2の中で最終的に転倒がありましたが、既に27周を走行したフロントタイヤだったとのこと。他のライダー達が終盤にソフトタイヤでタイムを出す中でミディアムタイヤを使用していたマルケス。予選はもう少し速いペースで走行出来ると考えていいでしょう。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「良い仕事が出来たと思うので基本的にはヘレスの初日の内容には満足です。ユーズドタイヤで多くの周回をこなしました。これはレースという観点では重要でしたね。最終的に既に27周走ったフロントタイヤで転倒してしまいました。ただ、あれはブレーキングを遅らせ過ぎた自分のミスです。ホンダはこのトラックで強いと言えそうですし、特にダニが速いですね。自分達が彼に接近出来るかどうかを見てみましょう。明日気温が高くなることが予想される中で、タイヤがどの程度機能するかということが興味深い点ですね。明日も良いペースを維持し、自分達が正しいと感じている作業の方向性に従って進めていきたいですね。このトラックは自分には少し厳しいトラックなんです。でも今年はバイクに関して良い感触がありますし、優勝争い、表彰台を狙う準備が出来ています。」

(Photo courtesy of michelin)

(Source: HRC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link