★MotoGP2018ヘレスGP 予選プレスカンファレンス翻訳

MotoGPの予選プレスカンファレンスの翻訳です。ポールポジションを獲得したクラッチローは、ホンダのこの冬の作業に関して賞賛の言葉を送っています。予選2番手となったペドロサは、レースではやはり痛み止めの力を借りる必要があるとか。

Sponsored Link

スティーブン・デイ

「カル、まったく素晴らしいラップでした。特に第4セクターが素晴らしいものでした。あなたをフロントーで見かけるのはだいぶ久しぶりな気もしますが、今日は予選が始まる前から良い結果が出せるとわかっていたのではないでしょうか?」

カル・クラッチロー

「ええ。今週は非常に良い形で作業が出来ていました。ここヘレスでポールポジションを獲得出来るというのは、常に素晴らしいものです。確か前回自分がポールポジションを獲得したのも、ここヘレスだったのではないかと記憶しています。ヨハンとも話していたんですが、この結果はそこまで嬉しくなくて、マルクのヤツはBMWアウォード(※予選ポール獲得回数上位者に贈られる)を7個も持っていて、今年はヨハンがリードしてるんですから。自分は新しい車が欲しいんですよ(笑)もう少しポールを獲得出来るとは思いますけどね。今日は3つの戦略があって、それが機能したと思います。セカンドラップも非常に良いものでしたしね。ただ、正直なところ最終ラップに関してはターン5でかなり大きいミスをしてしまったんです。それで完全にこのラップをダメにしてしまったんです。ただ最終セクターで挽回はしたんです。チームにもこの結果はふさわしいものでしょう。ただ、自分は予選ではなく決勝の男ですからね。テキサスでは酷いレースをしてしまったせいで、本来はここにチャンピオンシップをリードした状態でやってくるはずだったんです。ですから、明日はチームのため、ホンダのために良い仕事をしたいと思います。良いバトルが出来ることを願っています。」

 

スティーブン・デイ

「ヘレスでイギリス人として最高峰クラスでポールを獲得した初めてのライダーなわけですが、明日のレースに関してはホンダが非常に強いようで、ダニはもちろん、マルク、そしてスズキも良いペースです。明日は何名ほどの優勝争いになると予想していますか?」

カル・クラッチロー

「昨年よりは見ていて面白いレースになることを願っています。昨年はダニが素晴らしいレースをしました。誰も彼のペースについていくことは出来ませんでした。ただ今年に関してはかなり接近したレースになるでしょう。スズキも速いですし、ドヴィもいいペースです。それにバレンティーノは常に日曜に驚くような速さを発揮します。ただ、ダニとマルクが、現時点では負かすべき相手でしょうね。ヨハンはレースでは予選よりも悪い結果になることが多いですからね。長くてタフなレースになると思いますが、目標は高く持って良い結果を残せればと思っています。」

 

スティーブン・デイ

「カル、ありがとう。それではダニ、オースティンでは7位と素晴らしい結果でした。そして、ここヘレスでは素晴らしい結果を過去に残しているわけですが、怪我をした状態でフロントローを獲得出来たことで、明日のレースに関してどの程度自信があるのでしょうか?」

ダニ・ペドロサ

「このトラックでフロントローを獲得するのは常に重要ですから嬉しいですね。それにラップタイムはどのセッションでも非常に接近していましたし、特に予選ではそうでしたので、自分自身でも驚きました。自分でもこれほど良い走行が出来るとは思っていなくて、こういった状態ではまさに”爆発的”な走りをする必要があって、この手の状態を考えると、通常はこういった走行をするまでに、良いフィーリングを得るまでに時間が必要なんです。この結果は嬉しいと思っていますし、レースにために今週はずっと作業をしています。ですから、最終的にレースの中でどのようなコンディションになるのかは、今の段階ではなんとも言えません。明日はまた痛み止めの力を借りると思いますし、レースの終わりまでしっかりと走行出来るようにしたいと思います。

 

スティーブン・デイ

「FP4では確か18周ほどのロングランを行っていました。手首の痛みに関しては、あれだけの周回を走ってみてどうなのでしょうか?」

ダニ・ペドロサ

「18周連続ではないですけどね。長く走ることで、失ってしまった強さを取り戻すことが出来ると思います。確かに手首はそれで腫れてきますが、夜に明日に備えてしっかりと休息を取ることが出来ます。ただ、オースティンからここに至るまでに状態は良くなっていますからポジティブだと言えるでしょう。」

 

スティーブン・デイ

「ダニありがとう。それではヨハン・ザルコ。ペースの面では楽な週末とは言えないと思いますが、またしても素晴らしい走行で、これで8連続のフロントロー獲得となりました。どうしてこのような結果を出せるのでしょう?」

ヨハン・ザルコ

「金曜の段階から良い状態で、バイクのフィーリングも良かったんです。練習走行の中でも最低でもトップ10を獲得出来るだけの走行でした。ただFP4ではかなり気温が上がってきたせいで、問題が出てきました。その中で周回を重ねようとしたんですが、簡単ではありませんでした。予選にしてもラップタイムは金曜、土曜の朝ほど簡単には出てこなくて、何が出来るだろう?と考えていたんですが、バイクのポジティブな点と弱点を見つけ、最後の2ラップではミディアムタイヤを試しこれが正解でした。この良いフィーリングを見つけることが出来たおかげで、予選で3位を獲得することが出来ました。明日のレースにおいては極めて重要なことでしょう。」

 

スティーブン・デイ

「ホンダがここでは強く、スズキも悪くありません。ただ、トップ15台は基本的にほとんど差がない状態です。明日に関して現実的なレース結果の予想はありますか?トップ5?表彰台獲得でしょうか?」

ヨハン・ザルコ

「レースに関しては表彰台獲得を目指してスタートします。当然表彰台というのは日曜に獲得出来る中で、最も美しい場所ですからね。ただホンダに関しては自分よりも明らかに良いペースで走行しています。ただ、FP4で得た情報そして、予選からも学ぶことが出来るでしょう。いくつか調整を行い、レースに向けて良いタイヤを選択することが出来るかもしれません。」

 

スティーブン・デイ

「ヨハンありがとう。それでは次にMoto2です。ロレンソ・バルダッサーリ、あなたに取って今回は初のポールポジションとなります。素晴らしい予選走行でした。これは1周だけでなく、6周、7周と素晴らしいラップを記録していました。」

ロレンソ・バルダッサーリ

「ええ。良い予選走行でしたし、これが自分にとって初のポールポジションですから非常に嬉しく思います。走りながら、ポールポジションを獲得出来る感触があったので、最終的に結果を確認した時は嬉しかったですね。アルゼンチンでもスピードはあったんですが、形になりませんでしたから。」

 

スティーブン・デイ

「スペインGPということで、あなたのチームにとっても重要な1戦です。今年はあなたは全く異なるライダーに生まれ変わったようですね。」

ロレンソ・バルダッサーリ

「ええ。バイクもほとんど同じなんですが、一番重要な変化はどのように作業をするのかということを変えたということ、そしてバイクを信じることが出来ていることです。良い仕事が出来ていると思います。今回はセクター4で苦戦しているんですが、FP3で方向性を見つけようと努力していました。そして最終的に良い形で走行出来たと思います。」

 

スティーブン・デイ

「ありがとう。それでは最後にホルヘ・マルティン。これでポールポジション獲得は11回目です。これでアレックス・リンスの記録まで、あと2つとなりました。危うい瞬間もありましたが立て直しました。周りに誰もいないというのは重要なことだと言えますか?」

ホルヘ・マルティン

「今日の結果は本当に嬉しいです。昨日はリアのグリップに関して非常に苦戦したんです。ただ今日は方向性を見つけることが出来ました。Moto3では多くの選手が後ろにいるので非常に難しいんです。そこでプッシュする中で危うい瞬間があり、落ちついて一人で走行しようとしました。最後にプッシュしようとして、この素晴らしいラップを記録出来ました。」

 

スティーブン・デイ

「昨年もここでポールを獲得していますが、スペインで勝利しているのはバレンシアだけです。明日ここでファンの前でスペインで優勝することの意味合いとは?」

ホルヘ・マルティン

「ポールを獲得して明日また優勝も出来れば最高です。そのために全力で作業をしています。良い仕事が出来ていると思いますし、準備は出来ていると感じます。」
 

スティーブン・デイ

「ホルヘありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」


 

Q

「M1にとって気温が上昇した場合の問題とはなんでしょうか?」

ヨハン・ザルコ

「これは皆にとっても同様だと思いますが、自分達は気温が上がってきてフルバンクの状態だとグリップの低下に他のバイクよりも悩まされてしまうんです。ヤマハはコーナリングで素晴らしいバイクでフルリーンを良く利用することになると思うんですが、そこでグリップが低下してしまうと、問題が非常に大きくなってしまうんです。自分にとってはFP4、そして予選で発生しました。この問題は他のM1でも同様でしょうね。」

 

Q

「カル、予選では非常にスマートな戦略を使用したと思いますが、予選では2台のバイクは全く同じセッティングだったのですか?というのも、2台目のバイクに乗り換えた時は、タイヤだけを交換してすぐに走り出していましたよね?」

カル・クラッチロー

「ええ。2台のバイクは完全に同一のセッティングでした。ただ多くの選手は2台のバイクに対して異なるフィーリングを感じるものなんです。最終的に自分はこういう形で良い走りが出来ました。自分は今回セッティングの違いは感じませんでしたが、セッティング自体も完全に同一だったんです。」

 

Q

「オースティンでは序盤からプッシュすることが非常に重要だと話していました。今回に関しても同様ですか?それとも今回は別の戦略が必要なのでしょうか?」

ダニ・ペドロサ

「このトラックは異なるトラックでラップタイムも異なります。ですからリズムが重要です。これがこのトラックにおいては、どこでプッシュするとかそういったことよりも重要なんです。今回は昨年より2周少ないということが重要だと思います。自分にとってはこれは助かります。ただ、タイミングというよりはリズムが重要です。」

 

Q

「カル、今回はDucatiやスズキ移籍の話も出ていましたが、ホンダに残るよりも、こうしたメーカーを選択するという事もあるのですか?」

カル・クラッチロー

「正直、今の時点では自分は素晴らしいチームと素晴らしいバイクがあると思います。もちろんハッピーですよ。ポールポジションを獲得してチャンピオンシップでも良い形で作業が出来ていますから。最終的にはいろいろなオプションを検討して、自分のキャリア、人生について考えていく必要があります。どのように扱ってもらえるかも含めてね。今はホンダで走っていて、今回はポールを獲得して、明日はチームとホンダのために表彰台を狙っていくわけです。今言えるのはそれだけですね。」
 

Q

「カル、今年のバイクについては昨年よりも乗りやすいと感じていますか?」

カル・クラッチロー

「毎回話していますが、ホンダがこの冬に成し遂げてくれたことには感謝しています。エンジンは強力になっていますし、これこそが昨年ライダー達が求めていたものなんです。基本的にはバイクは完全に同一です。エンジンだけが異なるということなんですよ。その他にいくつか違う点はもちろんありますが、基本的にバイクは完全に同一なんです。それにエレクトロニクスに関しても良い形で作業が出来ていると言えるでしょう。昨年はエンジンとエレクトロニクスの組み合わせの部分で苦戦していました。今年に関してはこの部分がうまく噛み合っていますし、バイクも操縦しやすいと言えます。ただフィジカル面に関してはまだに同じ(※フィジカル面での要求が多い)ですね。ただそれでスピードが出ているんですから文句は言えません。単純にそれだけです。文句を言いたいわけではありません。毎週末ホンダはバイクを良くしようとしていて、表彰台と優勝を狙えるバイクを作ってくれていますからね。」

 

Q

「マルクが午前と予選ではフィーリングが異なると言っていました。明日のレースに関しては、朝と午後とどちらのようなコンディションであることを望みますか?」

カル・クラッチロー

皆が朝と同様のグリップレベルを望んでいるでしょうね。少し気温が低いほうがトラックコンディションは良いわけですからね。午後に関してはライディングの方法を変える必要がありますし、リスクを取らない形でライディングをする必要があります。確かに午前と午後ではコンディションはかなり異なっていて、自分も実際FP4では苦戦しました。予選では良い形でライディング出来ましたが午前のコンディションのほうがいいですね。レースの時間を変えることが出来ればと思いますが、TVの放映の問題もありますからね。時間を変えるのは難しいでしょう。」

ダニ・ペドロサ

「確かに午前中のほうが路面が冷たいですからバイクを速く走らせることは可能ですし、タイヤもフレッシュな状態です。午後にはライディングの仕方を変える必要がありますよね。そしていくつかの部分では午前と午後ではコンディションの違いが大きい部分があります。午前のほうがやはりグリップがあり、午後には状況はもう少し複雑になってしまいます。ただ、これはいつものことですよ。」

 

Q

「ヨハン、予選の中で何かしらの発見があったと話していました。FP4ではソフトタイヤを使用していたことが多かったようですが、その中でも良いタイムを記録していました。明日のレースではミディアムタイヤを使用するのでしょうか?」

ヨハン・ザルコ

「明日は恐らくミディアムタイヤを前後に使用するでしょうね。ハードコンパウンドは試していないので、明日の決勝でハードを使用するかどうかについてはなんとも言えません。ただ、現状ではソフトはレースでは使えないでしょう。ソフトだとある特定の温度だと機能しないと感じることがあるんです。ただフロントに関してはソフトでも良い感触がありますが、25周のレースの中で実際にどう感じるかという感じはしています。リアに関しては、ミディアムとハードで大きな違いはありません。ミディアムタイヤで良い感触があればと思いますが、フロントに関してはまだどうしようかと考えているんです。」

 

スティーブン・デイ

「それでは皆さんありがとう。明日良いレースになることを願っています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link