★MotoGP2018ヘレスGP 5位ロッシ「ヤマハが素早く問題に対応してくれないと、もう1シーズン必要になってしまう」

アメリカGPで解決の方向が見えたかに思えたファクトリーヤマハ勢は再びヘレスで苦戦。サテライトのザルコが表彰台を獲得する中、ロッシは苦戦の末にロレンソ、ドヴィツィオーゾ、ペドロサがリタイアしたことによってようやく5位を獲得。このままでは今シーズンも棒に振ってしまうという懸念を抱いているようです。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「5位は今週の自分のペースを考えると悪くないでしょう。今週は前を走っていた選手達が転倒したのもあってラッキーでした。ただ残念ながらこれが自分達の現状のポテンシャルですし、こんなレースで満足しなければいけないのは、良いニュースではありません。これはもちろんトラックにもよりますし、トラックによってはより苦戦することになり、トラックによってはそうでもないという事なんです。」

「バイクに何が必要かということは明確ですが時間がかかります。ただ、ヤマハはその対応を素早くする必要があります。ヤマハが素早く対応してくれなければ、もう1シーズンが必要になります。ヤマハが自分達が競争力を発揮出来るように最大限のサポートをしてくれるという事が必要です。というのも、今日のレースは悪くなかったしペースも良かった。でもあの転倒がなければ結局8位だったわけですから。問題はメカニカルが25%、エレクトロニクスが75%という感じでしょうか。今年のバイクは問題の部分以外が悪くないだけに残念です。ヤマハが問題解決のために100%努力してくれることを願っています。」

(Photo courtesy of michelin)

(Source: yamahamotogp, crash.net)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link