★MotoGP2018ヘレステスト クラッチロー「ライバルに対してリアグリップの改善が必要」

ヘレスGPで今季2度目の転倒となったクラッチローはヘレステストで2位タイムを記録。しかし、転倒でノーポイントで終わったクラッチローにとっては悔しさが倍増する結果だったでしょう。今後の課題はリアグリップの改善とのこと。

Sponsored Link

カル・クラッチロー

「タイムを見てもわかるように、週末にスピードがあったということを証明出来ました。ただ、だからといって昨日の転倒を受け入れられるわけではありません。ただポジティブな方向で作業が出来ていますし、バイクのフィーリングも良いんです。」

「ライバルに比べるとリアのグリップを改善する必要があります。というのもあの転倒は、リアグリップが充分で無かったためにフロントタイヤをオーバーヒートさせてしまったせいなんです。これが現状ですが、チームの作業には満足しています。ホンダも素晴らしい作業をしてくれましたし、自分達の問題についても少し助けようとしてくれました。ル・マンはポジティブに迎えることが出来ますね。」

(Photo courtesy of michelin)

(Source: crash.net)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link