★MotoGP2018ヘレステスト マルケス「エアロダイナミクスに関してポジティブな発見があった」

ヘレステストでは主にエアロダイナミクパッケージのテストを行っていたマルケス。加速時にウイリーを押さえることが必要となるル・マンにおいてもエアロダイナミクスが重要になるとのことですが、現状テスト中のものを残りのシーズンでも使用するかどうかについてはなんとも言えないとのこと。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「良いテストが出来ました。そこまで多くの周回数はこなしていませんが、予定していたテストを終えることが出来、主にエアロダイナミクスパッケージについて作業を行いました。いくつかポジティブな内容を見つけることが出来ましたが、今シーズン使用出来るフェアリングはあと1種類だけですから、異なるサーキットにおいて確認が必要です。」

「ル・マンではウイリーを抑えることがポイントとなるため、エアロダイナミクスが重要になりそうです。それ以前に新しいフェアリングの認証を受けるかどうかはわかりません。しっかりと分析が必要です。ル・マンではまずは週末を通して使用出来るベースセットアップを見つけることに集中します。それからフェアリングのテストを行い、ここと同様に有効性が確認出来れば使用するかもしれませんが、現時点ではなんとも言えないですね。」

(Photo courtesy of HRC)

(Source: HRC, Crash.net)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link