★MotoGP2018ヘレスGP 決勝プレスカンファレンス翻訳

遅くなりましたが、スペインGPの決勝プレスカンファレンス翻訳です。マルケスの序盤ロレンソのオーバーテイクに苦戦したという話、コース上の小石によるスライド、ザルコはチャンピオンシップをヤマハ最高位で終えるのか、イアンノーネはライディングスタイルを変えているのか?といった質問が出ていました。

 

スティーブン・デイ

「昨日はあなたの望んだような形にはなりませんでしたが、5番グリッドから素晴らしいレースでした。あなたのMotoGPキャリアの中でも最もクレバーな1戦だったと思います。」

マルク・マルケス

「ここヘレスで優勝という結果は、ヨーロッパラウンドをスタートするにあたって、これ以上ない形でしょう。もちろん今日のレースは激しく走るということではなく、正確に、毎周正しい判断をしながら走るというものでした。序盤に他のライダー達をオーバーテイクしたのはクレバーだったと思いますが、非常に難しかったですね。ただその後になってロレンソをオーバーテイクするのは不可能だと思っていたんです。彼のブレーキングはあまりにも深く、立ち上がりも凄かったですからね。ただ彼を抜くという思いをそのままにして走り、彼のバイクのタイヤが垂れてきたので、”よしここからレースをリードしてギャップを広げよう”と思いました。徐々にギャップが開いていき、その差が2秒、6秒と開いていきました。ターン6で後方で何かが起きていましたが、自分達はこうして25ポイントを獲得してチャンピオンシップにおける差を広げることが出来て嬉しく思っています。」

 

スティーブン・デイ

「多くの人が、今回のレースはあなた、ダニ、カルの戦いになると考えていました。今日ホルヘとトップ争いをすることになったのは驚きましたか?」

マルク・マルケス

「そうですね。それにドヴィツィオーゾも後方からトップ争いに加わりましたね。昨日はだからあまり何も言わずにいたんですが、ここでは多くの選手が1周のタイムで非常に速く走ることが出来ます。ただレースディスタンスは25周ですから、しっかりとタイヤのマネジメントをしないといけません。それにレース開始から完走までにバイクのバランスは、大きく変わってしまいます。そしてそこに自分のライディングスタイルを合わせていくことが必要なんです。確かにホルヘには驚きました。まるで彼の全盛期のように序盤からプッシュするレースでした。ただ、今回最も心配していたのはダニです。ただ、その中でダニをオーバーテイクし、ロレンソもオーバーテイクすることが出来たわけです。」

 

スティーブン・デイ

「序盤はまるでダートトラックのような右コーナーのスライドがありました(笑)」(※ルティのコースアウトによって砂利がコース上に大量に飛び、それによってマルクのマシンが大きくスライドした)

マルク・マルケス

「ええ。あのコーナーには220km/hから240km/hくらいで進入しました。小石がトラック上に大量にあるなと思った時には手遅れでした。自分はこのまま何が起きるかは運任せだという形で考えていました。(※横でザルコ笑う)ハンドルが左右に振られたんですが、”このレースには勝つ必要がある”と自分に言い聞かせました。”何かの力でバイクから落ちずに済んだ”わけですから、そのまま勝たねばならないと感じたんです。」

 

スティーブン・デイ

「マルクありがとう。それでは2位を獲得したヨハン・ザルコ。1列目スタートで結果を出す必要がありましたが、序盤はいくつか問題があったようですが、目の前で起きた転倒に関して何を思いましたか?あそこでダニのバイクをしっかりと避けましたよね。」

ヨハン・ザルコ

「自分がまず思ったのは”いったい何台のバイクが転倒したんだろう?”ということでした。レプソルのバイクとDucatiが2台いるのがわかりましたが、全てのバイクが転倒しているとは思いませんでした。ただ、そうなっているのを見て、これで2位なのかと実感し、残り7周で大きなアドバンテージがある状況で、集中してレースを終えねばならないと強く思いました。なんとしてもミスは出来ないと考えて走行していました。スタートに関してはロレンソが素晴らしいスタートをしましたね。自分のスタートはイマイチで、ダニをオーバーテイク出来るという感覚もなかったんです。マルクは自分を抜いて、ダニをすぐに抜いていきました。」

「彼の後ろで良いフィーリングはあったんですが、彼をオーバーテイクするほどではありませんでした。マルクはかなりのアドバンテージを持っていましたが、自分にはそれだけのアドバンテージがありませんでした、その後ポジションを失ってミスもありましたが、先頭のグループにおいつこうとしていました。つまりマルクを除く3名ですね。マルクは既にトップを快走していましたから。彼らに追いついてバトルが出来ると信じていたので、ペースをなんとか見つけてプッシュしていたんです。ただ、こうしてチャンスを得ることが出来たのが嬉しいですね。今週はずっと高い競争力がありました。こうして良い形で週末を送っていたあとにこうしてチャンスが巡ってきたので、それをしっかりとものにすることが出来たんです。」

 

スティーブン・デイ

「こうして表彰台を獲得してホームGPであるフランスに向かうのは素晴らしい気分でしょう。フランスはあなた、そしてチームにとってもホームGPとなりますね。」

ヨハン・ザルコ

「そうですね。それにチャンピオンシップにおける順位(※ランキング2位)も素晴らしいですよね。ですから、確実に今シーズン序盤に考えていた順位よりもいいわけです。チャンピオンシップ争いをしたいと思いますし、この位置で走行出来手ているということが本当に嬉しいんです。フランスGPを前にこういう結果になっているとうのは本当に夢のようです。フランスGPということで、より多くのファンが自分達を応援してくれるでしょう。そして自分達にポジティブなエネルギーを与えてくれるでしょう。それにトラック自体もヤマハとの相性が良いですから、しかるべき時にしかるべき走行をしたいと思います。そして競争力を発揮して、勝利を目指していきたいと思います。」

 

スティーブン・デイ

「ヨハン、ありがとう。それではアンドレア・イアンノーネ。ヨハンと同様に前方で起きた転倒によって表彰台を獲得するチャンスを得たわけですが、最終ラップにはダニロと素晴らしいバトルがありました。最終的にはタイヤチョイスが結果をわけたと考えているのでしょうか?」

アンドレア・イアンノーネ

「今週はとにかくラッキーだったということはあるでしょう。ただ、その中で素晴らしいポテンシャルを発揮することが出来ていました。ただ、最終的にグリッド上でミディアムからハードにタイヤを変更したんです。ただ、これはあまり良い選択ではなく、全ての加速ポイントにおいて苦戦する結果となりました。スピン、スライドが多く、あまりスピードに乗ることが出来ませんでした。レースの中でベストを尽くしプッシュしていました。こうして最終的に表彰台を獲得出来たことはラッキーであったと思います。ダニ、ドヴィ、ホルヘに関しては残念でしたね。ただこうしてスズキで2連続2度目の表彰台を獲得出来たということは嬉しく思っています。間違いなく今は自分達にとって最高の瞬間だと言えるでしょう。」

 

スティーブン・デイ

「今あなた自身の自信は非常に高くなっていることでしょう。あなたのキャリアを通じて、連続表彰台を獲得したのはこれがキャリア初ですし、これでフランスGPに良い形で向かうことが出来ますね。」

アンドレア・イアンノーネ

「時にはこういうこともありますよね。(※なぜか横でマルケスがマイクのスポンジ部分を外して手にとって遊んでいる。。そしてカメラもなぜかマルクのカメラに寄っていく。。)こうして2連続で表彰台を獲得出来たことは本当に嬉しいことです。ただ、自分も今後スズキと共にさらに良い走りをしていきたいと考えています。それに実際3位表彰台という結果にはあまり満足していません。それにスズキと共に目指しているのは優勝ですからね。優勝を実現するために、プッシュを続けていきますよ。」
 

スティーブン・デイ

「アンドレアありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「ザルコとイアンノーネに質問です。タイトル争いの最後で。。」

アンドレア・イアンノーネ

何を質問されているのか全くわかりませんが、自分にとってはそれが普通なので大丈夫です(笑)
 

Q

「いかにマルクが強力なライバルであるか?ということなんですが。。。」

ヨハン・ザルコ

「彼は今日、アルゼンチンやオースティンのように強力だったと思います。ただ自分もバイクのコントロールなどで改善出来ていますし、将来的にもっとバイクを上手くコントロールして彼と戦いたいと思っています。毎年内容は異なるわけですが、今後どうなるかですね。全てのライダーがマルクと戦うのを諦めているわけではありません。」(※ザルコが解答している間にマルケスが質問をイアンノーネに教える)

アンドレア・イアンノーネ

「確かにマルクは非常に強力な素晴らしいライダーだと思います。でも、Never say neverといつも言うようにあらゆる可能性があります。それにまだ第3戦?4戦ですか?(笑)確かに彼がチャンピオンシップ優勝する可能性はあると思います。それにホンダとマルクというパッケージを考えると、今の段階では最高のコンビネーションでしょう。」

 

Q

「ブラジリアンダンスをオースティンで、そして今回もツイストダンスをしていました。次は何でしょう?」

マルク・マルケス

「わかりません(笑)今日は5秒の差があったのでああいったダンスをしました。あのツイストダンスはスペインの子供は皆やってるんです。自分も子供みたいなもんですから楽しもうと思ったんです。ただ、今後これほどのアドバンテージを持って完走出来るチャンスは多くはないでしょう。」

 

Q

「今日はチャンピオンシップにおいては、今までで最も重要なレースとなりましたか?」

マルク・マルケス

「全てのレースは重要なんですが、ヨーロッパラウンドの開幕戦を良い形でスタートしたということの重要性は高いですね。ただ、今回も実は少し苦戦していたんです。フロントの感触があと1つという状態で、明日のテストでいくつか試そうと思っているアイディアがあります。転倒を3回しましたし、まだ何か足りない感じがあるんです。それが何かを理解したいんですよ。ただチャンピオンシップを見ると、自分とヨハンの差は僅か12ポイントです。他のライダー達が転倒したことで、彼らとはアドバンテージを広げることが出来ました。ただ、カタールの前に今年はヨハンが強さを発揮するとは言っていましたし、スズキが表彰台を獲得するということも話していました。ですから、ある程度は予想どおりに進んでいるわけです。ただDucatiもかならず強いわけで、いくつかのサーキットでは彼らがその強さを発揮して、チャンピオンシップにおいて接近してくるんです。このサーキットですら、かなり接近していたわけですから。」

 

Q

「プレシーズンから今で、ライディングスタイルをどのように変更したのでしょう?もう少しスムーズにライディングするようにしたのか?どうなのでしょう?」

アンドレア・イアンノーネ

「それはあまりないですね。正直、昨年と同じようにバイクを操縦しています。ただバイクは完全に異なりますし、セットアップも完全に異なります。ただスズキと共にウインターテストから今までに、自分に合う方向性を見つけたんです。ただ最終的には非常に良い感触を得ることが出来ているので嬉しく思っています。ウインターテスト、そしてカタールの中でフィーリングが良くなっていき、アレックスもまたアメリカでは苦戦していましたし、今や彼も自分のようなバイクを使用しています。とにかくこうした作業はバイクの開発において非常に重要です。両ライダーにとって良い形になっていると思います。」

 

Q

「昨日ダニも同様にアルミニウムからカーボンファイバー製のスイングアームに交換したのを見ました。どの程度の違いがあるのでしょうか?」

マルク・マルケス

「そこまでまだ何か言える状態ではないんです。0.1秒、0.2秒速くなるとは言えないんですよ。どちらかというと、バイクの上で感じるフィーリングが異なるということでしょうね。反応がより鋭いというか、例えばライディングスタイルを少し変えてやると、バイクも即座にそれに反応してくれるんです。ですから、どうやって操ってやるかを理解すれば速く走れるんです。ただ、同じライディングをしているとタイムは変わりません。ですからこれを実践で使っているわけで、オースティンとここで使用しています。明日のテストではアルミニウムを使用しますが、これはホンダにとっては初めてのカーボンスイングアームですので、比較テストが必要なんです。」

 

Q

「次のフランスGPをチャンピオンシップ2位で迎える心境、そして今年はヤマハライダーとして最高位でシーズンを終えることが出来ると思いますか?」

ヨハン・ザルコ

「次のレースではまずは良い天候であること、そしてヤマハのバイクを良い形で走らせることを願っています。おそらくバレンティーノとビニャーレスも表彰台争いに加わってくるでしょう。昨年はマルクが転倒しましたが、彼も同じ過ちは繰り返さないでしょうから、昨年と同じ顔ぶれが表彰台に登るとは思いません。それに彼は現在アドバンテージがありますから、そのアドバンテージをコントロールすることが出来るでしょう。ですから何が起こるか見てみましょう。もし良い形でバイクをコントロール出来れば、自分も表彰台争いが出来るでしょう。そしてコンスタントに表彰台を獲得すること、ベストを尽くして常に勝利を信じて戦うことが出来れば、ヤマハ最高位でシーズンを終えることが出来るかもしれません。ただシーズンは長いですからね。まだまだ自分も学ぶべきことがあります。」

「昨年はシーズン序盤は好調ながら中盤に問題を抱え、最終的にシーズンは良い形で終えることが出来ました。今年は全てのレース良いペースで終える必要があるんです。ですからチャンピオンシップ争いをしながらタイトルを意識してレースを行い、その中で最終的にチャンピオンシップ2位でシーズンを終えても非常に嬉しい結果であると思います。昨年のフランスでは、いつもより多くのファンが自分のために集まってくれていると感じることが出来ました。でも昨九年から考えると今年はもっと沢山のファンが来てくれるでしょうから、まるで自分がマルクやバレになったように感じるかもしれませんね。この2人にとっては世界中そんな感じなんでしょうが、自分にとってはフランスがそんな感じになるんでしょうね。ファンのためにしっかりとエネルギーを取っておく必要があると思います。ただ、あまりプレッシャーには感じないようにしたいと思います。」 

 

Q

「マルク、昨日のウォームアップでセクター4で何かしら変更するという話をしていましたが?」

マルク・マルケス

「それはFP1の話ですね。その中で自分は他の選手の走行データから参考にして、それをコピーペーストという形で次の走行に活かしたんです。時に他の選手も自分のデータを参考にしますし、自分もその逆があります。これが強力なチームメイトを持つこと、そして強力なライダーがホンダにいることのメリットなんです。レースではまだ失っている部分がありましたが、自分はその理由がわかっていました。これは自分がタイヤをセーブしようとしていたからです。」

 

スティーブン・デイ

「それでは皆さんありがとうございました。フランスで会いましょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link