★MotoGP2018 ジジ・ダッリーニャ「ドヴィはムジェロまでには決断してくれると思う」

現時点でDucatiはいずれのライダーとも契約更新を行っていませんが、ジジ・ダッリーニャによると、ドヴィツィオーゾはムジェロまでには返答してくれるだろうとのこと。今現在Ducatiでキャリア最強の走りをしているドヴィツィオーゾがDucati以外のバイクへの乗り換えを行うのは理論的に考えてもメリットが薄く、現時点で空きがあるのはレプソルホンダ、スズキ、アプリリアのみです。その為、恐らくドヴィツィオーゾはギリギリまで契約更新を粘って契約金を釣り上げる目的なのでしょう。

(※ヤマハはロッシ、ビニャーレス両名と契約更新済み、マルケスは既にレプソルホンダと契約更新済み、KTMはポル・エスパルガロ、ヨハン・ザルコで確定、スズキは恐らくリンスは確定と言われており、アプリリアは両シートが空いている状態)

Sponsored Link

ジジ・ダッリーニャ

「出来るだけ速やかに問題を解決する必要があります。今はアンドレアと契約交渉をしていますが、そう簡単な話ではないんです。ムジェロまでドヴィはDucatiと今後契約をするかしないかについて決断を出してくれると思います。現時点の優先順位としてはドヴィツィオーゾどの契約更新、そしてロレンソとの契約更新です。ロレンソの結果に関して喜んではいませんし、これはホルヘにしても、Ducatiファンにも同様でしょう。」

「ムジェロテストに関しては使用したのは完全に新しいフレームというわけはないんです。ドヴィはウインターテスト、それからシーズン前半でこのフレームを使用していました。カタールでドヴィとテストを行いましたが、結果はあまり芳しいものではありませんでした。ロレンソに関してはそのタイミングが来るまで待っているという状況です。ヘレスの後に彼もこうした作業が出来るだろうと判断し、彼にもテストさせています。

「ロレンソは時折トップ争いをすることがあります。マレーシア、ヘレスなどがその例ですね。今シーズンの彼の結果に関しては満足していませんが、彼がDucatiのバイクでいかに速く走れるかということに関しては時折驚かされます。ホンダからDucatiへの乗り換えのほうが、ヤマハからの乗り換えよりも簡単でしょう。というのも、バイクの設計思想、求めるライディングスタイルが根本的に異なるんです。」

(Source: gpone)

(Photo courtesy of Ducati)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link