★ファインテクニカルライド ラウンド2(FineTechnical Ride 2018 Round.2)

5/13に行われたファインテクニカルライド ラウンド2は、朝から生憎の雨模様…走行前には雨脚はさらに強まり当日キャンセルされる方も多く出てしまいました。

Sponsored Link

体験走行の方も少なく、スケジュールに余裕が出来たため、ファインテクニカルライダー山本・佐藤両選手とチーフメカニック建石氏による「ウェットコンディションライディング講座」が急遽開催されました。3人とも、とても分かりやすく丁寧な説明でライダー・バイク・路面の関係性、サスやタイヤへの入力の仕方、ライディングフォーム、ブレーキとアクセルの操作などの話を披露。

シュミレーションレースは多くの方が棄権となったため、チャレンジカップ6台、シリーズカップ12台の合計18台で行われました。シリーズカップはレインタイヤを履いたHP25丹羽選手と1290SuperDukeR大谷選手の独走レースの展開となり、軽量なHP25丹羽選手は大谷選手に6秒近くの差をつけてぶっちぎりの優勝!奥様やお子様たちも大喜びとなりました。トップと23秒差はあるものの、3位CBR600RR岡田選手もスポーツタイヤとは思えない走りで見事表彰台を獲得。

チャレンジカップはスタートからS1000RR西選手・YZF-R6道中選手・F3-675藤井選手が終始3つ巴の好レースを展開。雨の中順位を入れ替えながらのバトルを繰り広げ、最終的には差が出来たものの、1位S1000RR西選手、2位YZF-R6道中選手、3位F3-675藤井選手の順でゴールイン。観客と実況を大いに沸かせるレース展開となりました。

こんばんわ!広報Tです。本日のファインテクニカルライド2018ラウンド2のお昼休みに開かれた「雨の日ライディングスクール」の様子をアップします。とてもわかりやすくて講師のライダーさんやメカニックさんの皆さんに楽しく安全に走って欲しいという気持ちがよく伝わるレクチャーだと思いますのでどうぞご覧下さい。最初の方は撮影することに気を取られて冒頭の話が撮れてなくて申し訳ございませんm(__)m途中からでもいいお話なので是非ご覧ください!

FineTechnical Racingさんの投稿 2018年5月13日(日)


<株式会社ファインテクニカル プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link