★MotoGP2017カタールGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳

遅くなりましたが、カタールGPの決勝プレスカンファレンスの翻訳となります。全てのプレシーズンテストで最速、ポールポジションを獲得しそのまま優勝したマーヴェリック・ビニャーレス選手は、プレスカンファレンスでも落ち着いた受け答えをしています。また、散々のプレシーズン〜練習走行から結果を出したロッシ選手にも質問が集中していました。

Sponsored Link


 

ニック・ハリス

「それでは優勝したマーヴェリック・ビニャーレスに聞きましょう。マーヴェリック、スタートかと思えば延期、そしてまた延期と、こうした状況は本当に難しいものだったでしょうね。」

マーヴェリック・ビニャーレス


(Photo courtesy of michelin)

「そうですね。バイクをベストのセットアップに常にしてくれたチームには本当に感謝しています。良いスタートで1コーナーで1位でしたが、その後にザルコが飛び込んできてバイクを起こさなければクラッシュしていました。その後彼はマルクとドヴィを抜いて行きました。トラックが滑りやすくて、自分のスピードでコーナーを曲がる事が出来ませんでした。ですからバイクを曲げるのが非常に難しかったんです。一度高速コーナーでワイドになってしまったことがあって、毎周非常に難しかったですね。それから集中してリズムを持って、徐々に集中と自信を取り戻していきました。最後にマルケスに追いついて、”ここからがプッシュの時だ”と判断しドヴィを捉えようとしたんです。ただ彼をどうやって抜くのかはわかりませんでした。最後は最高のバトルが出来ましたけど、ヤマハは素晴らしい仕事をしてくれましたし、チームにはお礼を言いたいですね。」

 

ニック・ハリス

「Ducatiのスピードもあって、最後は非常に難しいバトルでしたよね。ターン16で彼に接近されてしまえばストレートで抜かされてしまいますからね。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「自分がプッシュしなければストレートで抜かれてしまったでしょう。Ducatiはストレートで非常に速いですし、いくつかのセクターではアンドレアは非常に速かったですからね。そうしたところで彼はタイムを稼いでいたので、スムーズにベストのラインを走るように心がけて最後の最後にベストラップが出せるようにセーブして走っていました。最終的に勝つことが出来ましたが、本当に嬉しいです。こうしてヤマハに移籍してポールを獲得して優勝するなんて夢のようです。これ以上は望めないですね。」

 

ニック・ハリス

「次はアルゼンチンですが、天候が似たようなものでないことを願うばかりですね。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「本当にそうですね。レースが遅れに遅れてスタートしたら、ターン14が完全にウェットなんですからね。1周目に集中を保つのは本当に難しかったです。アルゼンチンでは良い天気でしっかりと走り込みをしたいですね。アルゼンチンはスズキで表彰台が獲得出来るほど速いタイムで走れたトラックなので、良いフィーリングを感じていますしベストを尽くしたいと思っています。」

 

ニック・ハリス

「マーヴェリックありがとう。それではアンドレア・ドヴィツィオーゾ。ギャンブルをしましたがレースの終わりでは2位に終わりました。最終コーナーで差を最小限にするということが本当に大事なレースでした。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ


(Photo courtesy of michelin)

「自分達が行ったギャンブルは完璧に正しかったと思います。レース前は素晴らしいペースでしたが、マーヴェリックと同じペースでは完走出来ませんでした。こうしたギャンブルをしたのはトラックの湿度が非常に高かったのもあって、ソフトタイヤでもあまりプッシュしなければタイヤを温存することが出来ましたからね。ザルコが転倒した後はタイヤをしっかりとセーブできたんです。ああいう形でタイヤをセーブすることが唯一レースを完走する方法だったでしょう。マーヴェリックのほうが良いペースがあり、ハード目のタイヤを履いているとわかっていましたからね。」

「ですからコンスタントに走行しようとしたんですが、リアタイヤのポテンシャルは使わないようにしていました。ただ、それでも最後の5周はタイヤがグリップしなくなってしまい、右コーナーではそれまでのようなペースで走れなくなってしまいました。それでもマーヴェリックと比較すると速く走れるコーナーもあったので、最後の5周は出来る事を全て試しました。マーヴェリックがまさに自分が弱い部分で残り1周の時点で自分をオーバーテイクし、その差は僅かなものでしたが、その時点で自分は戦うことが出来なかったんです。なんとか彼を止めようとしたんですが、いくつかの部分で彼のほうが圧倒的に速い部分があったんです。ただそれを除いても、レースには非常に満足しています。コンディションは実にトリッキーでしたし、多くのライダーが20周の中でミスを犯していましたからね。素晴らしい仕事が出来ましたし、最適な戦略を取ることが出来ましたから、チームには感謝しています。マーヴェリックに非常に接近して2位を獲得出来たのは良い結果です。」

 

ニック・ハリス

「アンドレアありがとう。それではヴァレンティーノ・ロッシ。パルクフェルメでは、”もし自分が賭博師なら自分には賭けなかった”と話していました。レースが始まるまでの週末を考えると素晴らしい結果ですね。」

ヴァレンティーノ・ロッシ


(Photo courtesy of michelin)

「シーズンを表彰台でスタートするのは、常に最高ですね。昨年より良いです。11月からウインターテストの結果が非常に悪い状態で、バレンシアでバイクを試した時も良いフィーリングが無かったんです。ですからヤマハとチームには感謝を延べたいですね。常に自分をサポートして信頼してくれました。木曜と金曜では状況が大きく変わって、木曜時点ではそれまで全てのテストで出ていた問題があったんです。ただ金曜に関しては大きく変化し、タイムは遅いながらも、その時点から徐々に改善していったんです。ですからその時点からトップ5を獲得するということに関して非常に楽観的だったんですよ。」

「そして土曜日は何もせずに終わり、ウォームアップも難しかったんです。日中は気温が高すぎてタイヤがわずか3コーナーで終わってしまったんです。ですから今回のレースコンディションは自分にとって大きな助けとなりました。レースに際してはバイクのセッティングを変更し、良いスタートで1コーナーでも転倒しませんでした。バイクのリアカメラは壊されてしまいましたけどね。その後はレースを楽しみました。マーヴェリックが遅いというのはテストでは無かったですからね(笑)最後はドヴィがもう少しソフトタイヤで苦戦すると期待していたんですが、自分もフロントの右サイドのグリップに苦戦していました。ですからそこであまりプッシュしてミスをしたら非常に頭に来るので、表彰台を優先しました。」
 

ニック・ハリス

「ヴァレンティーノありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」

(Photo courtesy of michelin)

 

Q

「今日のレースを終えていかがですか?木曜にはヴァレンティーノは後ろにいて、今は横にいるわけですが。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「プレスカンファレンスでも話しましたけど、ヴァレンティーノはいつもレースになると改善してくるんですよね。今回はバトルの機会がありませんでしたが、これからのレースでは、金曜と土曜にさらに自分も作業をしなければいけません。今日のレースは本当に難しいレースでしたが、本当に彼の結果についても嬉しく思っています。プレシーズンに自分のベストで走れないというのは、とても大変だと思うんですが、こうしてレースで自分のベストを尽くせるというのは最高です。別のヤマハが表彰台にいるのを見るのは嬉しいですし、誰かわかりませんがジャーナリストが、表彰台マーヴェリック、ドヴィ、ロッシと言ってましたが、当たりましたよね(笑)」

 

Q

「1周目のサイティングラップでは皆がターン14で問題があったようですが、何があったんでしょう?あなた達3人が皆レースディレクションのもとに向かいましたよね。また、その後のウォームアップの最後では何が起きたんでしょう?その時点で何かを変えていましたが、セッティングは完璧だったのか、何か不安があったんでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「このトラックの問題はある場所では雨が降っていて、他の部分ではそうではないという差が大きいことなんです。ただこれも500mの中での出来事なんです。それで自分はマーヴェリックの後ろを走っていてターン13まで問題なかったのでOKサインを出しあっていたんですが、ターン14が完全にウェットでした。皆そこでランオフする形でした。練習走行をするには危険な状況でしたから、正しい判断だったと思います。10分経過した後はそこまで危険な状況では無かったですからね。ただ、今回運営側は3つのレースが出来た事は本当にラッキーだった思います。というのも、MotoGPのレースが終わった直後に雨がまた降り出しましたからね。こういった悪天候ではいつも難しいものですね。繰り返しになりますが、ウォームアップ時は自分には気温が高すぎ、自分のタイムも遅すぎるという状況でした。ただレースではそれが変わりました。」

 

Q

「レース開始直後のヨハン・ザルコについてはどう思いますか?」

マーヴェリック・ビニャーレス

「1コーナーで彼にぶつかりそうになりましたが、それはいいです。彼は本当に速くて実に素晴らしかったと思います。自分は彼の後ろにいて、”誰だ?フォルガー?ザルコ?”と思っていたんです。正直見分けがつかないんですけど、彼は本当に速かったですね。あんなタイムで走る事が出来るというのが驚きでした。彼はルーキーですから大変だったと思うんですけど、それでもレースをリードしたわけですから彼におめでとうと言いたいですし、素晴らしい走りだったと思います。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「彼もフォルガーも、どのテストでも速かったですよね。彼らが今シーズンに戦闘力が高いというのは間違いないでしょう。いいバイクに乗っていると思いますしね。ただ彼らはにはMotoGPでの状況をコントロールするという経験がありません。ですからミスをするのは仕方ないですよ。それに彼は自分のようにソフトタイヤを履いていたと思うんですが、だからこそ彼は序盤にレースをリードしていこうとしたんでしょう。それに自分のように最初から最後までプッシュするというのは不可能だったでしょう。ですから彼は彼の決断をしたわけで、間違いなく将来的には速い選手になるでしょう。ただ、あの時点では飛ばしすぎてしまったということでしょう。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「本当にびっくりしました。凄く強い走りでしたね。昨年はフランコ・モルビデッリと作業をずっとしていたんですが、彼がザルコはMoto2で本当に特別な事をしているんだといつも話していました。残り10周で特に凄く、ザルコには注意をしたほうが良いし、MotoGPでも速いはずだと話していたんです。今回の事は難しいコンディションの中での経験の不足によるものだと思います。ただ、いずれにしても素晴らしいパフォーマンスでしたね。」

 

Q

「金曜に大きな変化があった、ブレイクスルーがあったと話していました。金曜は明らかにトラックコンディションは悪かったわけですが、金曜に何が変わって何が改善したのか教えて下さい。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「フロントのフィーリングが改善したんです。そして実際はFP2ではトラックコンディションは悪くありませんでした。自分のラップタイムもあまり改善していませんでしたが、別の問題が出てきたんです。マーヴェリックは初めてバイクに乗ったときから常に良い調子で、常に自分の先を行ってきました。ただ、金曜に初めて彼に比べても悪くないと思える状態になったんです。そしてその時点から良い方向で作業をスタートすることが出来たんです。」

 

Q

「金曜に状況は良くなったが、今日まで速く走る事が出来なかったと話していました。これは今日まで速く走りたくないと思っていたからなんでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「質問の意図があまりわからないんだけど、10位で終えたテストの後で速く走る事が出来れば、そりゃ最高ですよね。(※会場爆笑)」

 

Q

「フロントのフィーリングが改善したということは、この冬に抱えていた問題が解決したということですか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「もう少し今週良い形で作業が出来て、もう少し苦戦していなければ良かったと思いますが、他のライダー同様にどのレースでも、練習走行よりも多くを理解出来るんです。テストはやはり別物ですからね。それに自分は年寄りですから、レースのプレッシャーが無いと色々と難しいんです。」


(Photo courtesy of michelin)

 

Q

「1戦しか終わっていない状況で妙な質問だと思いますが、ホルへ・ロレンソは今年のチャンピオンシップ争いは無理だと思いますか?」

マーヴェリック・ビニャーレス

「それはないでしょう。まだまだレースは沢山ありますし、自分達がミスをすることもありますし、彼が大きく改善することも考えられます。正しいセットアップを見つけて、良い方向性も見つける事もあります。ロレンソはモチベーションに溢れてますし、 チャンピオンシップ争いに参加するでしょう。まだ初戦ですから、まだ自分は彼がチャンピオンシップ争いから脱落したとは思いません。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「彼はまだ2年間あるわけですから、いくなりチャンピオンシップ争いから脱落するとは考えません。確かにベストなスタートではありませんが、彼は今日起きた事を変えて行くことが出来るでしょう。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「皆がロレンソは素晴らしいライダーだということを理解しています。彼はベストライダーの1人ですし、素晴らしい才能の持ち主です。彼はシーズン中に状況をコントロールして行くことが出来ると思いますよ。」

 

Q

「昨シーズンはあなたが良い結果を出すのは驚きという感じでしたが、今週からは皆があなたが良い結果を出すことを期待しています。これは異なる種類のプレッシャーでしょうね。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「確かに異なるプレッシャーですが、ヴァレンティーノが話していた通り、こういう種類のプレッシャーがあると自分をさらにプッシュする事になるんです。モチベーションに溢れている時はさらに勝ちたいと思いますし、勝利をものにしたいと思うんです。ただ雨が振り始めたことで少し不安になりました。というのも1周目が非常に難しい状態だったんです。ただその後自分のペースで走れるようになって、自分に”落ち着いてレースの最後に備えてタイヤをセーブするんだ”と言い聞かせ、上手くいきました。昨年話していたようにトップ6を狙うためではなくて優勝するためですから、完全にアプローチが違いますよね。」

 

Q

「4番手になった時に、トップまで行けるか疑いをもっていたのか、それとも全てコントロール下にあったのでしょうか?」

マーヴェリック・ビニャーレス

「MotoGPは難しいですから、全てがコントロール下にあったなんてことはないですよ。ただトラックに出た時はいろいろな疑問がありました。セクター3では今までのようなスピードが発揮出来ませんでした。ただ、フィーリングが戻ると速く走れるようになってきたんです。それでどんどん前のライダーが近づいてきて、後ろからはヴァレンティーノも接近していたので、”前のライダーを出来る限り抜くようにするんだ”と言い聞かせていたんです。マルクを抜いた時はドヴィは56秒後半で走っていたので、そこから2周で追いつくことが出来たんですが、その後、彼はペースを上げてバトルが始まったんです。非常に難しいレースでした。こういう形で終える事が出来て本当に良かったと思います。昨年はこうして戦うのが本当に大変だったんですが、今年は良い形でバトルが出来ていますし気分も良いです。これは本当に最高ですし、モチベーションに満ちている時は出来るというフィーリングがあるんです。そしてこれによってさらにプッシュ出来るようになるんです。」

 

Q

「サテライトヤマハが強かったというのは久しく無かったと思うんですが、今はこうして2人のルーキーが速いわけですが、なぜこの2人がこんなに強いのでしょうか?」

マーヴェリック・ビニャーレス

「これはヴァレンティーノに聞いたほうが良いでしょう。自分はヤマハでの初レースですから。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「ザルコが強いのは予想してましたけど、ここまでとは思っていませんでした。そしてこれは自分にとっての悪夢でもありました。というのも彼はずっと自分の前にいましたからね。※会場(笑)ただ同時にフォルガーも同じく驚かされました。彼も確かにMoto2で良いライダーでしたけど世界チャンピオンのザルコほどでは無かったですよね。おそらく彼らのバイクが少し乗りやすいのかもしれませんね。いずれにしてもレベルが高いですよね。MotoGPを走り始めるのに、ヤマハは最高のバイクだと思いますよ。M1はライダーにとって友達と感じるバイクですよ。レースの中でプレッシャーを感じて走ると、時間と経験が必要ですが、いずれにしても素晴らしい仕事をしたと思います。」

 

Q

「残り6周の段階で連続的な3周で、あなたのベストタイムを更新しました。その時のあなたはフロント2人よりも速いタイムでした。その瞬間はレースで優勝出来ると思っていましたか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「挑戦はしたいと思ってましたよ。ただ、マーヴェリックが相手となると難しかったでしょう。というのも彼のほうが常に速かったですから。ただ、そこまで離れてもいませんでした。それにどのライダーもフロントタイヤが限界の状態で走っていると思っていたのでプッシュしたんです。バトルを始めればどんな事も起きますからね。ドヴィが最終ラップでソフトタイヤでもう少し苦戦してくれれば良かったんですが、仕掛けるには自分のほうもそれはリスキー過ぎて無理でした。」

 

Q

「Ducatiについてあなたは全ての経験を持っていますが、1レースを終えてDucatiとあなたが達成出来る現実的なシーズンの結果とは?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「妙な週末でしたから、こういうことの後にポテンシャルを理解するのは難しいですね。ただ今回のレースは本当に妙でした。レースは非常にペースが遅く、コンディションが悪くグリップが低いという通常とは異なる状況で、各ライダー達の差は小さかったですからね。これでは現実的に考えるのは難しいでしょう。今回のレースはソフトタイヤを履いたから良かったというわけで、ミディアムタイヤであればどうなっていたか?、ビニャーレスについていけたかについてはわかりません。非常にそうした事を理解するのが難しいんですよ。自分達の戦闘力は高いと思いますし、ある特定のトラックでは非常に強いこともあるでしょうが、それでもまだ足りない部分があるんです。それが改善出来ずにここまで来てしまいました。ですから毎週末この2人についていくためには、改善しなければならない点があるんです。というのも彼らがいかに強いか知っていますしね。特に彼らは全てのトラックで、全てのコンディションで速いですから。まだ足りないものがあると信じています。」

 

Q

「2つ質問です。あなたは表彰台獲得は天候の変更によるものの影響だと思いますか?それともセットアップを見つけたことによるものですか?2つ目の質問はザルコはあなたの昨年のバイクを使用しているんでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「コンディションは少し寒かったですね。自分に関しては6時の時よりも9時のほうが戦闘力が高かったのは間違いありません。ただその後にセッティングが向上して、コーナーエントリーでの安定性が高まりました。それにチームがフロントにも調整を施してくれたんです。そのお陰で自分はブレーキングで強かったんですよ。一番最初は16年型のほうが良いような気がしたんですが、ヤマハは当然17年型を自分が使用したほうが嬉しいわけですよね。それにビニャーレスも17年型を操縦出来ます。ですから”もう少し時間がいる”と思ったんですが17年型を乗ることにしました。ファクトリーにとっては2つのバイクが似ていたほうが助かりますからね。」
(※若干質問と噛み合っていません。)

 

ニック・ハリス

「それでは皆さんありがとうございました。アルゼンチンで14日後に会いましょう。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 Red Bull KTM 2017年カラーのカウルで走行を開始
★MotoGP2017開幕前アンケート
★MotoGP2017 KTMヘレスGPまでは大きなアップデートはなし
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「必要なものは全て揃 っている」
★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「目標はアプリリアでのMotoGP初優勝」
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「普通の週末を送りたい」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選7位ロッシ「ホンダのパフォーマンスが高いのが気がかり」
★MotoGP2017フランスGP FP3結果
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「イタリアよりも高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP2017オランダGP マルケス「バイクとタイヤのセットアップを見つける事が重要」
★MotoGP2017ドイツGP 予選6位ロレンソ「このポジションには満足」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「ブルノはフィジカル面で要求の多いトラック」
★MotoGP2017ブルノテスト ビニャーレス「バイクから再び良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017イギリスGP ビニャーレス「昨年の勝利を再現出来るようベストを尽くす」
★MotoGP2017アラゴンGP カリオ「明日しっかりと結果を残す事が重要」
★MotoGP2017オーストラリアGP 4位ザルコ「マレーシアでも優勝を狙っていく」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ マレーシアGPプレビュー
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー カル・クラッチロー
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー アンドレア・イアンノーネ