★FCR Original カタナカスタム

フランスのカスタムショップFCRのカタナをご紹介します。全体的に一通り手が入ったカスタムですが、最新のバイクのフロントまわり、足回りを移植するのに加え、ヘッドライト部分にオイルクーラーを設置するのは海外ではよく見られる手法ですね。

Sponsored Link

素晴らしいペアのレザーブーツやカベルネ・ソーヴィニヨンと同様に、スズキのカタナは年を重ねるごとにどんどん良くなっていくようだ。レイピアのようなシャープなデザインは登場から35年が経ち、そのデザインはかつてのような衝撃的なものではない。だが、その代わりにこのデザインは伝説的な局地へと向かっているように思える。そして、カタナが現代のカスタムシーンの中でどのように変化していくのかというのは興味深いものだ。

我々がbrat style(カフェレーサースタイルにボバーのミックススタイル)、チェッカーストライプの入ったカフェレーサーを通過してきたように、スズキは同様の流行の流れを70年代後半に見ていた。大多数の日本人の興味はCB、KZ、GSから別のものに移っていくところだった。日本で最も保守的なメーカーは、ドイツ市場のマーケティングのトップにBMWの元チーフデザイナーだったハンス・ムート、彼のTarget Designに電話をかけるように指示。そしてその結果生まれたのがカタナだ。アメリカのストリートを1982年にかけ抜け、モーターサイクルジャーナリストに執筆のネタを提供した。


ビルダーのSébastien GuillemotとMathieu Ménardによるホットロッドカタナは、フランスのワークショップFCRの最新のカスタムバイクだ。オリジナルのシャープなデザインが活かされ、そこに味わい深いアップグレードが施されている。


エンジンは1166ccにまで排気量アップされており、ミクニRSフラットサイドキャブが装備される。Dyna2000イグニッションに加え、Dynaコイルがスパークを強烈にしており、ハイフローオイルポンプがオーバーヒートを防ぐ。EBC SRCレーススポーツクラッチキットとケプラー混合プレートが、増大したパワーに対処している。
サスペンションはSHOWAのビッグピストンフォークに改められ、リアショックはGaziのものが使用される。

ホイールはGSX-R750のもので、フロントフェンダーも同様。タイヤはAvonの3D Ultra Xtremeトラックデイタイヤを履く。ブレーキはニッシンとベルリンガーで強化された。テールセクションのモディファイは少ないが、シートは新作となり、LSLのセパレートハンドルが装備され、デイトナ製の計器類、モトガジェットのバーエンドとウインカーが採用されている。カラーはダークブロンズとされ、エンジンもブラックアウトされている。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト チームスズキECSTAR写真ギャラリー
★ホンダNM4 Vultus 映画「GHOST IN THE SHELL」に登場
★MotoGP2017 イアンノーネ「良い形で妥協点を見つける事が出来ていない」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「コーナー前半部分では最高」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「まだやることは沢山ある」
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間耐久は6番手スタート
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★MotoGP2017 ケニー・ロバーツ・ジュニア 今週末のアメリカGPでMotoGP殿堂入り
★MotoGP2017ヘレスGP 予選23位 津田「レースの中で多くを学びたい」
★マン島TT2017 マイケル・ダンロップ 新型GSX-R1000の高い性能を早くも証明
★MotoGP2017カタルーニャGP ギュントーリ「バイク、タイヤについての理解が深まっている」
★MotoGP2017 スズキMotoGPトリビア
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?
★MotoGP2017ブルノテスト リンス「新しいシャーシに良いフィーリングを感じた」
★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表
★MotoGP2017 イアンノーネのエンジン選択ミスがスズキの今シーズン低迷の理由か?
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 初日の遅れを取り戻すべく作業を進めたスズキ
★今度は SUZUKI のバイクが印鑑に!自動車に続き、バイク 10 車種の印鑑が、MONOIY に登場!!
★MotoGP2018 アンドレア・イアンノーネ「忍耐と集中が成功への道」
★MotoGP2018 イアンノーネ、リンス タイの首都バンコクで熱烈な歓迎を受ける