★MotoGP2018フランスGP ザルコ「表彰台もしくは2位は可能だった」

地元フランスGPでまさかの転倒リタイアとなったザルコは。、序盤にロレンソを追う中でプッシュし過ぎたと考えているようです。ただメンタルとしては引き続き優勝を狙ってプッシュしていくとのこと。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「おそらく今回のレースでは5位で完走することを受け入れる必要があったのかもしれません。ただ、今週はそういう気分ではありませんでした。転倒はプレッシャーのせいではなく、優勝を夢見た結果だったんでしょう。」

「自分の成長に役立ちますから、これを頭に入れていようと思います。マルクのほうがレースをコントロールしているように思えますが、彼がレースをコントロールしていても転倒することはありますし、彼も今日危うい瞬間をセーブしていました。つまりライダー側に成長の余地があるということです。限界でやっているからこそ、自分にはそれがわかるんです。」

「難しいレースでした。良いスタートが出来てロレンソを100%以上の力で追う中で、彼をオーバーテイクしようとしていました。加速で失っている部分が大きく、ブレーキでより激しくプッシュする必要があったんです。」

「恐らくそこでプッシュしすぎたせいでミスをしたんでしょう。本当に残念です。ただ常に勝利することを考えていたいと思います。それがレースをする上で最高の形で、最高の学習の形だからです。」

「レースペースに関しては優勝出来るペースではありませんでしたが、表彰台か2位は可能だったと思います。バイクも燃料がどんどん軽くなる中で良いフィーリングを得られていましたでしょうから。転倒するとは思っていませんでしたし、もう少し燃料が少なくなるか快適に感じてからロレンソを抜きにかかるべきだったかもしれません。」


(Source: crash.net)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link