★MotoGP2018 ジャック・ミラー「DucatiファクトリーでもPramacでもGP19を使えることに変わりはない」

ル・マンではドライコンディションで4位を獲得したジャック・ミラーは、来年噂されるDucatiファクトリーチーム入りについて自信を持っていると語ります。ロレンソがDucatiを去る場合の公認候補としはミラーとペトルッチの名前が上がっていますが、27歳のペトルッチに対しミラーはまだ23歳。これからの成長を考えてもDucatiファクトリー入りは大きな可能性があると言えるでしょう。

Sponsored Link

ジャック・ミラー

「自分がDucatiファクトリーチームに呼ばれるかどうかは、完全にDucati側のチョイスですね。自分自身としては自信を持ってますよ。常々言っているようにファクトリーチームで走りたいと思ってますしね。ただ、ファクトリーチームで走るにしてもPramacに残るにしても、自分はGP19を来年使用することになります。これはファクトリー契約とは別物です。ただ、ファクトリーチームで走るというのは全てのライダーにとって夢のような話です。自分も当然ファクトリーチームで走りたいと思いますよ。」

「何が起きるかわかりませんが、ファクトリー入りが実現することを願っています。今回のレース結果(4位)は自分にとってはドライでのベストリザルトです。それにレースの間はずっとマルクの背中が見えていました。これは大きな自信に繋がりますよね。」

(Source: crash.net)

(Photo courtesy of Pramac)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link