★MotoGP2018イタリアGP ロレンソ「引退などしない。これからも戦闘力のあるバイクで現役を続ける」

Ducati離脱が噂されるロレンソですが、引退説に関してはきっぱりと否定。この先も戦闘力の高いバイクで現役を続けるとしています。この戦闘力の高いバイクというのが、本人のライディングスタイルを活かせるということを意味しているとすると、現時点で考えうる選択肢はスズキのGSX-RR、もしくはMarc VDSが走らせるのではと噂されるファクトリースペックのYZR-M1のいずれかとなります。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「メディアは色々な事を伝えていますけど、自分はこれからも100%MotoGPで戦闘力のあるバイクで現役を続けますよ。色々なオプションを検討している段階ですが今は多くをお伝え出来ません。モントメロでもう少し詳しい情報をお伝え出来るでしょう。

「ムジェロは重要なレースですが、これで自分の将来が決まるわけではありません。Ducatiにとってホームレースですし、自分は過去に何度も優勝しています。好きなトラックですし、GP18の特性にも合っています。Ducatiは自分に大きな投資をしてくれました。ですから自分もベストを尽くしバイクと共に成長したいと思っています。Ducatiで素晴らしい結果は残せると信じていますよ。」

「モントメロでは色々なタンクの形状をテストし、これによってブレーキングが向上しました。ムジェロには大きな期待を持っています。今年の大きな問題はエルゴノミクスの変更にあったんです。昨年はもう少し違う状況でした。テストでは速かったですし、レースペースも良かったわけです。自分より最終的に少し速かったのはザルコとビニャーレスだけでした。」

(Source: crash.net, GPone)

(Photo courtesy of Ducati)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link