★MotoGP2018イタリアGP 木曜プレスカンファレンス翻訳

イタリアGPの木曜プレスカンファレンスの模様をお届けします。今回のプレスカンファレンスでは現在話題になっているホアン・ミルの将来について、またロレンソのヤマハ復帰の可能性などについても話が出ていました。

Sponsored Link

スティーブン・デイ

「それでは第6戦のプレイベントプレスカンファレンスを始めましょう。今日はワールドチャンピオン、現時点でチャンピオンシップをリードするマルク・マルケスをセンターに迎えています。現在3連勝しており、2014年の優勝を含めてここでは3勝しています。そしてル・マンで3位、総合4位、ムジェロでは最高峰クラス10回の表彰台獲得があり、7勝しています。ダニロ・ペトルッチはル・マンで2位、全体で5位に順位を上げています。そして昨年はここで3位を獲得しました。またジャック・ミラーはチャンピオンシップで6位、現時点でトップ10でレースを換装したのは連続8回となっています。アンドレア・ドヴィツィオーゾはhル・マンで残念ながら転倒。昨年はここで優勝しています。また、Moto2クラスでル・マン優勝、チャンピオンシップをリードするフランセスコ・バグナイアが同席しています。」

 

スティーブン・デイ

「それではマルケス。これで3連勝を達成し、ムジェロには最高の形でやってきました。最高峰クラスではムジェロはあなたにあまり良いトラックではないようですが、最近行ったテストでは良いペースを発揮出来ていました。また、このサーキットは2010年に初めてグランプリレースで優勝したサーキットでもありますね。」

マルク・マルケス

「ムジェロは非常に楽しいサーキットなんですが、カレンダー上で最も難しいとも言えます。ここは過去苦戦し、良い結果を残せていないサーキットです。3週間ほど前にここでテストを行い、悪くはなかったものの今回は気温が高いですから、そこを考えつつも今までのようなレースをする必要があります。」

 

スティーブン・デイ

「今年はレプソルホンダ6年目で全てが良い形に見えますが、今のところレプソルのバイクは今までで最高という感じがしますか?」

マルク・マルケス

「うーん。。これはライバルのパフォーマンスがどうであるか?ということにもよりますね。確かに今のバイクは良いですけど、2014年の時点でもバイクは非常に良い感触だったんです。より全てが簡単だったということです。今はタイヤ、エレクトロニクスも異なっており、そしてライバルのレベルも上がっています。そうなってくるとやはりバイクにも苦戦してしまうんです。ただ今は自分達はあらゆるコンディションでスピードを発揮出来るようです。昨シーズン後半の良い形のようだとも言えます。今年はそこから良い流れでスタートすることが出来ましたよね。そして今年は今まで苦戦していたサーキットにおいて優勝したり、表彰台を獲得出来たりしています。こういった事がシーズン中に非常に重要なんです。」

 

スティーブン・デイ

「ありがとう。それではバレンティーノ・ロッシ。ル・マンでは表彰台を獲得したことで、あなたにもチームにも素晴らしい結果でした。これでホームGPを迎えますが、昨年は怪我をしていましたし、2016年は悲劇(※エンジンブロー)がありました。ただムジェロはあなたにとって本当に重要なサーキットでしょうし、ファンはあなたに大きなエネルギーを与えてくれるでしょうね。」

バレンティーノ・ロッシ

「ムジェロは自分にとっても、そして全てのイタリアンライダーにとっても特別な週末となります。歴史的なイタリアGPですから、F1においてのモンツァのようなものです。トラックは本当に素晴らしくベストトラックの1つでしょう。それにここの雰囲気、特に日曜の雰囲気というのは大変な熱狂です。昨年はモトクロスバイクで負傷していましたし週末の中でも苦戦しました。ですから、今年は明らかに良い状態でイタリアGPを迎えているのは確かです。ただ最終的には素晴らしいレースとなったと思います。今年がどうなるかをしっかりと確認する必要があるでしょう。ル・マンは良い結果を得ることが出来ましたけど、ヤマハにとっては良いトラックだったということもあります。ここでのポテンシャルをしっかりと理解する必要があるでしょうね。」

 

スティーブン・デイ

「ここではテストを行っていますが、明日から使えるセットアップなどは見つかっているのか、それとも全く無の状態から作業をスタートするのでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「テストではスピードを発揮出来ませんでしたし、あまり良いテストではありませんでした。コンディションもイマイチでしたし。作業が出来たのは午前中だけだったんです。まずはル・マンのベースセッティングでスタートし、そこでバイクのフィーリングを見てから改善作業をしたいと思います。ここはバイクの向き変えが多いトラックで、異なるバイクのフィーリングが必要になってくるんです。」

 

スティーブン・デイ

「ありがとう。それではダニロ・ペトルッチ。ル・マンでは2位、ムジェロでは3位を獲得している思い出深いサーキットです。ただ今年は将来の行方について不安がある中でのレースとなっています。昨年のムジェロと比較して今年は異なるプレッシャーを感じていますか?」

ダニロ・ペトルッチ

「ここに来るのはいつも素晴らしいですし、イタリア人のジャーナリストも多いですよね。ムジェロは確かに自分のお気に入りのトラックの1つですし、ル・マンの後に非常にポジティブにやってくることが出来ました。今回もまたシンプルに、今までのレースと同様にやっていくことが必要です。正確に作業をし、バイクを正確に操ることが必要です。それに今日はチームと共に非常に重要なミーティングを行って、バイクのデータなどに関して細かい打ち合わせをしました。ここに表彰台を獲得した後にやってきたというのは本当に特別なことです。ここでの木曜は表彰台獲得ですが、ここでテストは行っていませんから、他のチームよりも一歩遅れた状態ではあります。出来るだけ早くこのギャップを埋めたいですね。」

 

スティーブン・デイ

「あなたが目指しているのはDucatiファクトリーチームで走行すること、そしてドヴィツィオーゾのチームメイトになることでしょうが、他にもこのスポットを求めているライダーがいます。ジャック・ミラーもその1人ですが彼がPramacでいかに素晴らしい走りをしているかということに関して驚いていますか?」

ダニロ・ペトルッチ

「ジャックはそのスピードを今までレースで証明していますえ。ただMotoGPにおいては全てのレースが重要で、特定のレースが簡単だということはありません。ですから自分が常に求めているのは、より早く走ることなんです。時にはそれが実現し、時にはそれが実現しません。とにかく自分は良い結果を残すことが必要なので、このライダーより先にゴールしようだとかそういうことではないんです。なかなか難しいことですが、常に誰よりも速く走ろうとしているんです。」

 

スティーブン・デイ

「ダニロありがとう。それではチームメイトのジャック・ミラーにお聞きします。ル・マンでは4位、これでシーズン2回目の4位ですが、トップ10で の完走はこれで8回連続となりました。ここムジェロではあまり良い結果がありませんが、今年は本当に素晴らしいバイクに乗っていますよね。昨年何勝もしているバイクなわけで、イタリアに来た完走はいかがですか?」

ジャック・ミラー

「いいですよ。それにここまで安定して結果を出せているのは初めてですね。過去にはかなり転倒がありましたし。Ducatiに乗るようになってからコンスタントに走行出来るようになりましたし、今年は確かに良いレースが出来ています。ヘレスの結果に関しては前を走る3人がリタイアしたことがラッキーでしたが、あれは特別なケースでしょう。ル・マンに関しては良い走りが出来て、常にトップグループの近くで走行出来ました。あれだけ長いレースの中でトップライダー達と走ることで多くを学ぶことが出来ました。今週末も今までの流れで良い走りをしたいと思います。ここではポールポジション獲得はありますがあまり良い結果がありません。転倒もしていますしホンダでは結果が出せていませんし、昨年はタイヤの問題がありました。今年は面白いでしょうね。バイクは昨年何度も優勝したバイクですし、ここは高速トラックですから、自分達のベストを尽くしたいと思います。」

 

スティーブン・デイ

「過去2年であなたを取り巻く環境は大きくかわりました。今はファクトリーシートの可能性さえ話が出ています。トップライダー達と先頭で共に走ることで多くを学んだのでしょうね。」

ジャック・ミラー

「彼らと走る機会が増えるほどに多くを学んでいます。今までは何度もレースで転倒することで、多くの経験を得る機会を失ってきました。多くを学んでいますし、レースを終える中で笑顔でいられるんです。その中でさらにハングリーに結果を求めていこうと感じています。それにこうしてファクトリーシートの可能性もあるという状況は最高です。2年前はそんなことは想像もしませんでしたから。本当に最高なことですし、これはハードワークによるものだと感じているので、これからもハードに作業を続け、プッシュを続けていきたいと思います。」

 

スティーブン・デイ

「ジャックありがとう。それではアンドレア・ドヴィツィオーゾ、ヘレス、ル・マンでは厳しいレースとなり、MotoGPの厳しさを示していると思います。これで現在は総合9番手ですが、昨年はこのあたりから全てが良い方向に廻りだしました。今年も同様の形でシーズンが好転していくことを願っているでしょう。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「確かにそうですね。今回は昨年とまったく異なる状況でここにいます。今年はマルクとの差がかなりありますね。今までよりも明らかに戦闘力があると感じます。過去2戦は0ポイントで終わりましたが確かなスピードを発揮出来ました。チャンピオンシップ争いをするのであれば、これは非常に重要なことです。ここからまたポイントを獲得していけると思います。ライダー達のレベルは極めて高いので難しいとは思いますし、数週間前のテストでは多くのライダーがここで速さを発揮していました。ただバイクに自信はありますし、このトラックも良いフィーリングがありますし、今週末は戦闘力を発揮出来ると感じます。ただ、毎週末はことなる内容ですから、今週がどうなるかは走りだしてからで無いとわからないと思います。」

 

スティーブン・デイ

「あなたがレースをリードする中でいきなり転倒するのは非常に珍しいと思います。ル・マンの内容を見かえして、何が間違っていたのか?といった事を振り返っていますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「ええ。原因ははっきりしていて、あの時の自分スピードは非常に良かったのでリラックスしすぎていたんです。自分はホルヘの前にいたかったんですが、おそらくザルコはホームGPで興奮し過ぎていたんでしょう。自分はあの場面でフロントにどの程度の荷重がかかっているかにあまり気を回しておらず、小さいながらも致命的なミスでした。」

 

スティーブン・デイ

「ありがとう。それでは最後にフランセスコ・バグナイアに聞きます。ここホームGPでMotoGPライダー達と座り、さらにル・マンで優勝して25ポイントを獲得し良い気分でしょう。」

フランセスコ・バグナイア

「正直ナーバスですし、興奮していますが、何よりもハッピーです。今年は2月のテストから非常に良い形スタート出来ています。カタールで優勝した後、今年は良いスピードで走れると感じました。テキサスとル・マンで優勝したことで、それをさらに確信することが出来ました。ヘレスはオースティンやル・マンに比べると苦戦しましたが、こうして苦戦しながらも3位を獲得出来ましたので非常にポジティブな結果でした。」

 

スティーブン・デイ

「現時点で集中しているのはMoto2でチャンピオンシップ優勝をすることでしょうが、こうして来年一緒に走る選手達と一緒にいて、来年のチームが良い形で動いていくことを感じる事が出来るのは素晴らしいでしょうね。」

フランセスコ・バグナイア

「来年一緒に走ることになる選手達と一緒にいられるというのは凄いことですが、彼らはこの地球上で最も速い選手達なわけですから、なんとも言えないところですね。バレは自分が子供の頃からの憧れでしたし、本当に素晴らしい選手です。プレスカンファレンスは今回が初めてですが、来年は何度も顔を出したいと思います。」

 

スティーブン・デイ

「ペッコ、今週末を楽しんでください。それでは私からは以上です。後ほどエイミー・ダーガンからSNSの質問をさせていただきますが、先にフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「マルク、テストではアラビアータ2で転倒がありました。サイモン・クラファーによるとあの部分のトラックのバンプが酷いとのことですが、転倒はバンプのせいですか?」

マルク・マルケス

「いいえ。転倒したのはウェットコンディションであったせいです。転倒したのは立ち上がりで40%ほどスロットルを開けている時でした。そこでフロントが滑ったんですが妙な転倒でした。とにかく転倒はバンプのせいではありません。」

 

Q

「ブレンボ発表のハードブレーキングランキングでは常にトップですが、ここムジェロはハードブレーキングが必要なトラックです。トップスピード、ハードブレーキングといったあなたの長所が、ここではアドバンテージになると思いますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「確かに6速ではライバルよりもパワーがありますから、これはポジティブなことでしょう。それにブレーキングは自分の強みですからね。ただ今年はライバルのパワーも上がっていますから、自分たちが持っていたアドバンテージは小さくなっていると思います。」

 

Q

「今年は良い結果が残せていますが、これはあなたのスタイルがホンダよりDucatiに合っているからなのか、あなたが成長したからなのか、どちらでしょう。」

ジャック・ミラー

「理由ははっきりとわかりませんが、バレンシアで初めてバイクを試した時に快適に感じたことは確かです。それにサテライトチームとして得られる情報が多いですし、バイクもファクトリーのバイクに限りなく近いものです。それに純粋にライディングを楽しんでいますし、フロントエンドに不安を感じた事はなく信頼出来ています。こうしたことのおかげでレースペース、レースシミュレーションにより集中出来るんです。これが恐らく最大のアドバンテージでしょう。」

 

Q

「アナ・カラスコがスーパースポーツ300で優勝し、チャンピオンシップをリードしています。バレンティーノは今まで女性レーサーをアカデミーに受け入れることを考えたことがありますか?またバグナイア、女性ライダーがチームメイト、ライバルになるとしたらどうでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「Moto3からアナには注目しています。昨年も彼女は優勝していますし、今年はチャンピオンシップをリードしています。チャンピオンシップ優勝出来るといいですよね。アカデミーでは女性ライダーを受け入れた事はありませんが、男性だけのアカデミーではありませんから、女性にも開かれていますよ。」

フランセスコ・バグナイア

「今まで考えたことはなかったですね。」

 

Q

「来年MotoGPクラスに昇格するかもしれないホアン・ミルに関してどう思いますか?」

バレンティーノ・ロッシ

「現時点で彼は最も注目を集めていますね。ただ、彼がすぐにMotoGPに来るとは思っていませんでした。自分はMoto2クラスでタイトルを獲得することも重要だと思っています。ただ、過去にはマーべリックも同様の移籍を果たしています。ただやはりMotoGPが最高峰カテゴリーですから、彼にとってはMotoGPに早めに昇格することのほうが大事なんでしょう。彼は背も高くてフィジカルも強いですから、MotoGPバイクを乗りこなせると思います。来年はMoto2で強い多くの選手がMotoGPクラスに参戦しますから楽しみですね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「彼は素晴らしいライダーと思いますし、非常に頭の良いライダーですね。活躍出来るでしょう。ただ、自分はMotoGPクラスにあまりに早く参戦するのは賛成ではありません。より色々な経験を積んだほうが良い場合があると思うんです。ただ時にはそうでないケースもありますから、もしかしたら彼が正しいのかもしれません。少し時期が早いかと思いますが、いずれにせよ、彼は将来的に強力なライダーになるでしょう。」

フランセスコ・バグナイア

「ホアン・ミルは乗り換えもスムーズにいってますし、今後シーズン終了にかけて強力なライバルになると思います。来年もし彼がMotoGPクラスに参戦するとしたら、間違いなく強力でしょう。」

 

Q

「ロレンソがサテライトヤマハでヤマハに復帰するとしたら、これはあなたにとって問題になりますか?」

バレンティーノ・ロッシ

「今はザルコを抑えようと必死なのに、今後はロレンソを抑えることになってしまいますね(笑)まぁ冗談はさておき、ホルヘとは長年やっていますから、彼がヤマハのバイクで非常に早く走行出来ることはわかっています。それにロレンソが戻ってくるとなると色々と自分にとって大変でしょうね。今はザルコがいるわけですし、ヤマハにいると強力なチームメイト、もしくは同じバイクに乗る強力なライダーに苦しめられるんですよ。ですからある側面では難しい状況になりますが、よりモチベーションを感じられたり、他のライダーがどうやってバイクを操っているのかを見ることが出来ますので、そこから学んだり向上出来たりと、プラスの側面もあるんです。 」

 

Q

「もう1つの質問はフットボールなんですが、レアルのジダンが電撃的に監督を辞任しましたが、どう感じますか?」

バレンティーノ・ロッシ

「MotoGPとの比較は難しいですね。ジダンはチャンピオンズリーグを3連勝していますが、これはMotoGPで3連続でタイトルを獲得するようなものでしょう。ですから、そこで思うのは同じチームと同じバイクで続けようということです。彼は時期的にちょうどいいこと、新しい変化が必要であることなどを理由として述べていましたが、少し理解が難しいです。恐らくフットボールでは何かしら新しい刺激が必要ってことなんでしょう。」

 

Q

「ヤマハの電子制御が改善するのはいつなんでしょう?」

バレンティーノ・ロッシ

「ハードに作業をする必要がありますが時間が必要です。今考えているのはシーズン中にバイクを改善して、シーズンの終盤にさらに良い状態でいることです。」

 

Q

「ムジェロの良い結果ではなかったということでした。テストはあまり良い結果ではなかったということですが、ファンによって大いにモチベーションを感じることが出来ていると思います。こうしたファンはフットボールで言うところの12人目のプレイヤーということで、ヤマハの困難を乗り越える力となるでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「まずテストとレースウィーク、そして日曜は別物と言えます。素晴らしい雰囲気と多くのファンが助けになってくれます。ヤマハは過去にもムジェロでそこまで苦戦していませんでした。現状はまた少し違いますが、何よりも現時点のバイクのポテンシャルを理解する必要があります。そして自分達とライバルのレベルについてもそうです。ただイタリアGPですから、全力以上の力を注ぎたいと思います。」

 

スティーブン・デイ

「それではSNSからの質問をエイミー・ダーガンにお願いしましょう。」

エイミー・ダーガン

「まずはジャックにお聞きしますが、少し回答に時間がかかると思います。」

ジャック・ミラー

「なんでだい?自分の回答が遅いからかい?(笑)」

エイミー・ダーガン

「そうではありません(笑)Twitterからの質問です。”あなたとライバルをよく言い表している曲は?少し時間をかけていいので、後ほどお聞きします。それではマルク、目の間に一枚の紙があると思いますが、まだ見ないで下さい。実は多くのファンがカナダ人ポップスターのショーン・メンデスに良く似ているとしていますが、今までに会ったことはありますか?また自分でも似ていると感じますか?顔の横に写真を持ってきてもいいですよ(笑)」

マルク・マルケス

「こんな感じ?」顔の横にメンデスの写真がプリントされた紙を持ってくる。「実は既に聞いたことがあります。インスタグラムやらTwitterで多くのファンから言われています。多様な顔立ちですね。間違いなく彼のほうが歌が上手いでしょうけど、彼のほうがイケメンですね。自分はヘルメットを被っていたほうがよく見えるでしょう(笑)彼と一緒に面白い写真を撮ったりしても面白いかもしれませんね。」

エイミー・ダーガン

「それでは次にバレンティーノ。この質問はオーストラリアから届きました。そしてこの女性の旦那さんのことをよく知っていると思います。この質問はエレン・ブリッグスからですが、”誰があなたのお気に入りのメカニックですか?”というものです。」

バレンティーノ・ロッシ

「皆とはずっと一緒にいるので難しいですね。でも間違いなくアレックス・ブリッグスがお気に入りのメカニックです(笑)」

エイミー・ダーガン

「そうですよね(笑)それではジャック、準備はいいでしょうか?」

ジャック・ミラー

「そうですね。オーストラリアではHorsesという歌がありますが、ドヴィにはこの曲を捧げます。彼はヘルメットに馬を描いていますから。ペトルッチはジャングル・ジョージのテーマソングでしょう(笑)マルクはそうですね。ラ・バンバでしょうか?バレは◯◯◯でしょう。(※ちょっとわからず。。)自分は◯◯◯でしょう。(※ちょっとわからず。。)ペッコは。。うーん。今頭の中にある曲は?」

フランセスコ・バグナイア

「これはジャックの質問でしょう(笑)」

ジャック・ミラー

「ファ◯ク。。面白い曲はもうネタ切れですよ(笑)」

エイミー・ダーガン

「頑張ったと思いますよ(笑)「

ジャック・ミラー

「俺もそう思う。」

エイミー・ダーガン

「バレンティーノが代わりに応えることが出来るかもしれません。」

ジャック・ミラー

「そうだ。彼のことはよく知ってるでしょ。」

バレンティーノ・ロッシ

「◯◯◯でしょう。(※ちょっとわからず。。)」

 

エイミー・ダーガン

「バレンティーノありがとう。それではドヴィツィオーゾ。Twitterからです。”レース前の特定の儀式はありますか?”」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「レース前にストレッチする以外はないですね。何か特定のことをするということはありません。」

エイミー・ダーガン

「馬を想像したりはしないんですか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「そんなことはしませんよ(笑)」

 

エイミー・ダーガン

「ありがとう。それではダニロ、Twitterからの質問です。”歴史上の誰かに会えるとしたら?”」

ダニロ・ペトルッチ

「ホーマー・シンプソンですね。」(※会場爆笑)

エイミー・ダーガン

「それは前にも言ったじゃない(笑)」

ダニロ・ペトルッチ

「もしこういったカナダ人スターと会わせてくれるんだったら、ホーマー・シンプソンともセッティングしてくださいよ。アニメなんだから簡単でしょう?(笑)恐らくモハメド・アリですかね。ただ一番会いたいのはホーマー・シンプソンです。」

 

エイミー・ダーガン

「それではペッコ、初めてのSNSの質問です。これはインスタグラムからの質問です。”いつもあなたのハウスメイドのロレンソ・バルダッサーリの写真を投稿していますが、それ以外のライダーと共同生活をおくるとしたらどうでしょう?」

フランセスコ・バグナイア

「これで4年目ですから、今や当たり前になってしまいました。問題は2人ともガールフレンドがいることで、非常に難しい状況なんです(笑)」

エイミー・ダーガン

「それに関しては聞きませんから(笑)」

スティーブン・デイ

「エイミーありがとう。皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link