★MotoGP2017グランプリコミッション 新たなレギュレーションについて

早速カタールGPでもピットレーンではヘルメットを着用しているピットクルーの姿を見ることが出来ましたが、下記のレギュレーション内容に関する変更が行われました。

Sponsored Link

カルメロ・エスペレーター(ドルナ)、ポール・デュパルク(FIM)、エルヴェ・ポンシャラル(IRTA)、タカナオ・ツボウチ(MSMA)からなるグランプリコミッションとカルロス・エスペレーター(ドルナ)、マイク・トリンビー(IRTA)、ヴィト・イッポリト(FIM)、スティーブ・イシュリマン(FIM)、コラード・チェッキネリ(技術ディレクター)は、2017年3月25日にロサイルインターナショナルサーキットでミーティングを行ない、下記の決定を下した。

テクニカルレギュレーション

Moto3とMoto2マシンに使用する素材について
チタニウム素材の使用禁止はシャーシ全体についても有効となり、スイングアーム、サスペンション、ハンドルバー、スイングアームスピンドル、ホイールスピンドルも含むこととなった。ホイールスピンドルに軽量合金を使用することも合わせて禁止となる。

スポーティングレギュレーション

ピットレーンセーフティ

前回MotoGPクラスのフラッグtoフラッグレース、Q1、Q2で作業出来るチームスタッフの数は4人に制限され、ヘルメットの着用が義務付けられると発表されていた。

チームからの代表による話し合いのあと、Q1、Q2の間には最大で6人のチームスタッフが作業にあたる事が許可される。またこれらのスタッフもヘルメットの着用が必要。

フラッグtoフラッグにおけるバイク交換の際のチームスタッフの数は4人のまま。

ペナルティーに関するレギュレーション

ペナルティーポイント

FIM MotoGPスチュワードが多くのペナルティオプションを持っていることを考慮に入れ、ペナルティポイントは必要なくなった。グランプリペナルティーポイントはペナルティーの中からなくなる。

FIM MotoGPスチュワードの決定に対する抗議

FIMアピールスチュワードが、FIM MotoGPスチュワードの決定を認めた場合、新たな申し立ての提出は出来ない可能性がある。この場合、FIMアピールスチュワードの決定が最終決定となる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP4結果
★MotoGP2017ヘレスGP 予選7位ロッシ「ホンダのパフォーマンスが高いのが気がかり」
★MotoGP2017フランスGP FP4結果
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」
★MotoGP2017カタルーニャGP イアンノーネ「どこまで競争力を発揮出来るか」
★MotoGP2017オランダGP予選1位 ザルコ「表彰台獲得の良いチャンス」
★MotoGP2017オランダGP 決勝結果
★MotoGP2017チェコGP ミケーレ・ピッロ「新型フェアリングがロレンソの助けとなる」
★MotoGP2017ブルノテスト アレイシ・エスパルガロ「トップスピードは上位のバイクに接近している」
★MotoGP2017オーストリアGP マルケス「レッドブル・リンクでは加速性、ウイリーの減少が重要」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選6位ザルコ「1列目は獲得出来たはず」
★MotoGP2017 ロッシ「7位でレースを終えてチャンピオンシップ争いは語れない。」
★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「自分達ならやれると信じる事が重要」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「快適に走る事が出来ている」
★MotoGP2017アラゴンGP予選3位 ロッシ「1列目を獲得出来たのは驚き」
★MotoGP2017アラゴンGP予選1位 ビニャーレス「序盤から最後までプッシュすることが重要」
★MotoGP2017アラゴンGP7位 ドヴィツィオーゾ「ソフトタイヤを選択したのは間違いではない」
★MotoGP2017アラゴンGP クラッチロー「フロントブレーキに良いフィーリングが無かった」