★MotoGP2018イタリアGP 予選2位ロレンソ「良いペースで走れることをレースで証明しないといけない」

今回はレースペースもそこまで悪くないことから、序盤逃げ切り型のレースが展開出来るかもしれないロレンソ。進退についてはモントメロでより詳しい内容が発表されるとのことですが、まずは今回のレースで良い結果を残して欲しいところ。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「確かオーストリア以降フロントローが無いと話していましたが、アラゴンでしたね。純粋なプレスカンファレンス以外でこうして予選のプレスカンファレンスでこの場にいるのは久しぶりです。再び競争力を発揮出来て嬉しいですし、特にバイクのフィーリングが良いことが自信をエネルギーを与えてくれます。これによっていいペースで長距離を走行出来るんです。ですから今までのレースよりもしっかりと準備が出来ていると感じますね。ただ、それを日曜日に証明しないといけません。」


「過去2戦では2列目からのスタートで多くのライダーオーバーテイク出来ました。しかしそう簡単なことではないんです。とは言え、2位というのは良い位置ですね。まだDucatiで初のポールポジションを獲得することは出来ておらず、そうなったら最高ですが重要なのはフィーリングなんです。あとは自信と最後までエネルギーを温存することなんです。」

「バイクのフィーリングが非常に良くて、昨シーズンもわかったと思いますが1ラップのタイムは非常に良いんです。今年は出来る限り一人で走っていたのと、ユーズドタイヤでも良いフィーリングがありましたし、一人で単独走行が出来ました。これは非常に重要なことだと思います。明日はグループでの走行になると思いますから難しいです。ただその中で違いを生み出せるでしょう。バイクのタンクの問題は新しいバイクのエルゴノミクスに関して起きていて、より苦戦しているんです。そこで自分のタンクによりサポート性をアップ出来るような工夫を施しました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link