★MotoGP2018イタリアGP 6位クラッチロー「フロントの状況を考えるとポジティブな結果」

フロントのフィーリングのせいでオーバーテイクが難しかったと語るクラッチロー。他のホンダの選手たちが苦戦する中で、見事6位を獲得しています。

Sponsored Link

カル・クラッチロー

「今日はフロントタイヤのグリップを考えるとポジティブな結果だったと言えます。他のバイクをオーバーテイクするのが非常に難しかったんです。ある時点では表彰台も可能かと思えたんですが、バイクのフロントが危うかったので、オーバーテイクを仕掛けるにはリスクが大きすぎました。全体的には状況をうまくコントロール出来たと思います。次はバルセロナです。今週末チームは素晴らしい仕事をしてくれました。トップ6を獲得出来たわけですから、満足すべきでしょう。」

(Source: LCR HONDA)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link