★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売

ヤマハ発動機株式会社は、スーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」のDNAを受け継ぐスポーツモデルの新型「YZF-R15」を2017年4月からインドネシアで発売、その後アセアン各市場に導入予定です。

新型「YZF-R15」は、スーパースポーツの要素を醸し出す“シリアス感”や“レーシーイメージ”が支持され人気を博している現行「YZF-R15」の後継モデルとして、スポーツ性能のさらなる向上を目指して開発しました。主な特徴は、1) 現行モデル比で排気量3%アップながら出力18.3%向上※1、実用燃費4.7%向上※2を図ったVVA※3搭載の水冷155cm3エンジン、2) 「YZF-R1」のDNAを受け継ぐ外観と薄型2眼LEDヘッドライト採用、3) 優れたショック吸収性能と良好なフロント接地感、剛性感に寄与する倒立式フロントフォーク、などです。

560万台規模※4のインドネシア二輪車市場においては、スクーターやアンダーボーンタイプが主流のなか、当社の「YZF-R25」「YZF-R15」を中心とするスポーツモデルは、若いお客様のステップアップの対象として好評で、市場の牽引役となっています。今回の新型「YZF-R15」は都市部の20代男性やモーターサイクルのトレンドに敏感なお客様の期待に応えます。
製造・販売はグループ会社 YIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。

※1 ※2 当社社内計測値、:※3 VVA:可変バルブシステム(Variable Valve Actuation)、:※4 2016年当社調べ

 

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「YZF-R15」 2017年4月 34,500,000ルピア
(ジャカルタ店頭小売価格)
5万台
(発売から1年間、インドネシア国内)

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ビニャーレス「もう少しプッシュ出来る。」
★無限 東京モーターサイクルショーで電動モトクロッサー「無限E.REX」を発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「良いペースだということが最も重要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP フォルガー「ザルコがターゲット」
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★YARTヤマハオフィシャルEWCチーム ル・マン24時間耐久予選1でポールポジションを獲得
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「優勝のチャンスがあれば当然狙っていく」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「集中して最大限の力で走りたい」
★BMWモトラッドUSA 2018年モデルのR nineT Urban G/Sの価格を発表
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ「表彰台獲得が目標」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「ル・マンは非常に重要なレースになる」
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」
★MotoGP2017カタルーニャGP ビニャーレス「現在は良い流れにあるし自信もある」
★ヤマハ発動機の大ファン日本画家が描いた「MT-07」「MT-09」を企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」にて展示開始
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★MotoGP2017ドイツGP 9位ザルコ「今日はジョナスのようなペースでの走行は無理だった」
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「良いフィーリングがある時は全てが上手くいく」
★MotoGP2017チェコGP ザルコ「天候が読めないのでトップ10に入れたのは良かった」
★MotoGP2017オーストリアGP ザルコ「MotoGPバイクに乗ってどんなレースになるか楽しみ」