★MotoGP2018カタルーニャGP ミラー「来年Pramacでナンバーワンライダーになるのはエキサイティング」

ミラーはPramacで来年GP19を使用し、チームメイトのフランセスコ・バグナイアはGP18を使用します。同じくサテライトでも常に14位付近を走行していたMarc VDSとは大きな違いだとミラーは語ります。

Sponsored Link

ジャック・ミラー

「やっぱりPramacに残ることになりました。GP19がありますから悪くないですよ。来年はこのチームでナンバーワンライダーとなるわけですから、エキサイティングですよね。ナンバーワンだとプレッシャーもありますし。Marc VDSでもナンバーワンライダーって感じでしたけど、戦っているのは14位、15位でした。ですからたいした意味はなかったんです。ただこうしてナンバーワンライダーとなり、優勝出来るポテンシャルがあるバイクなわけですからいいですよ。楽しくなるでしょう。」

「まだ契約自体はまだですが、今日か明日にでも契約となるでしょう。オプションを使うことになりますが、2020年以降の話ではありません。新しいルーキーが入ってきて、既に良い成績を残しているルーキーもいます。フランキーとかね。彼がどこにいくのか非常に関心を持っています。彼が今乗っているバイクは悪くないですし、彼もいい仕事をしています。彼がもしヤマハに乗るなんてことなったらまずいですね。また一人ザルコが増えることになりますから。」

「新しい顔がチャンピオンシップに入ってくるのはいいですよ。レースが楽しくなります。新しい選手っていうのは常に選手権を面白くしてくれるんです。ロレンソやダニに抜かれても新鮮さはないですけど、Moto2からの選手に抜かれたらびっくりするでしょ。」

(Source: Crash.net)

(Photo courtesy of Pramac, michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link