★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」

カタールGPで強烈な印象を残したザルコ選手について、テック3ヤマハのエルヴェ・ポンシャラルが語っています。結果的には転倒リタイアとなりましたが、あのままタイヤを温存して走行出来ていればトップ7は間違いなかったと言えるでしょう。次のアルゼンチンでも驚かせてもらいたいですね。

Sponsored Link

エルヴェ・ポンシャラルのモンスターテック3ヤマハは、カタールGPで大きな印象を残した。motogp.comでは、2017年に関する彼の意見を聞いた。まずはヨハン・ザルコとジョナス・フォルガーのシーズン開幕についてだ。

エルヴェ・ポンシャラル

「彼らと契約を交わしたのは、彼らの才能を信じていたからです。ただ、Moto2とMotoGPとで必要とされる適応時間が長くかかるか短くかかるかということ、そして彼らの速さというのは正直予想外でした。ウインターテストの最中から速かったとは言え、実に驚かされました。
パフォーマンスというのはプレッシャーがないことから、テストのほうが概して良いものなんですよ。そしてグリッドでは多くのプレッシャーがあるものですからね。ジョナスは非常に緊張していましたから、彼のパフォーマンスがテストほど良くなかったということに関しては驚いていません。天候も助けとはならなかったですし。しかしヨハンは引き続き我々を驚かせてくれました。」

「まず、何よりも誇りに感じますね。彼の走りは非常に勇敢でしたし、最悪の方で終わる可能性もあったわけです。ただ、彼が1周目をトップで終えただけでなく、彼は集団から抜け出しレースの中でファステストラップを記録したんです。素晴らしいテストの後だと言っても、これは予想外でした。」

「ヨハンがピットに戻って来て何が起きたかを説明してくれる前の落胆は大きかったですね。彼はアタックしていたから転倒したのではないといいました。これは皆が彼がアタックしていたから転倒したのだと思っていました。彼はバイクに良い感触を持って走っていて、リードもあったため、自分自身に”ちょっと落ち着いてあまりリスクを取らずにいこう”と言い聞かせたようなんです。リラックスしたことで彼はトラックの汚れた部分をターン2で走ってしまい、その罰は即座にやってきたわけです。こうしたことが起きるとは予想していませんでした。」

「ザルコは”ロッシ、ビニャーレス、マルケスといったライダー達の前で走る事が出来た。また同じ事をやるよ。”と語ってくれました。謝罪をしながら、何が起きたのかを明確に説明するという態度のライダーというのは非常に珍しいですね。からは本当に正直者だと思います。彼は自分の周りにいる人達、テクニカルチームにしっかりと敬意を払う人間なんです。」

「ヨハンはヴァレンティーノ・ロッシやその他のライダーが彼に対して述べた言葉に感動したようでした。これは我々にとっても非常に誇らしいです。ただ、同時に彼を止めることが出来なかったという言葉を聞くと、傷をほじくり返されるようにも感じますね。というのもそこには大きなチャンスがあったということでしたから。」

「紙面上はカタールでは10位(フォルガー)とDNFです。ですからこの結果を良くしていきたいですね。ただこの状況は、我々にとってはあまり好都合ではないかもしれません。ヤマハは我々に非常に競争力の高いバイクを与えてくれました。そしてヨハンのカタールでのスタートは、これが偶然ではないことを示しています。そして同じ事をまた繰り返す事が出来るでしょう。これらのMoto2からステップアップしてきたライダー達、そしてその他の独立チームのライダー達はMSMA、ドルナ、FIM、IRTAによってもたらされたルールの元で、こうした印象を残すことが出来ていますね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link